ここから本文です

ギャラクシー街道 (2015)

監督
三谷幸喜
  • みたいムービー 493
  • みたログ 4,990

2.02 / 評価:4,320件

三谷流!スペースロマンティックゴミディ

  • 熱帯メガネ さん
  • 2015年10月23日 13時15分
  • 閲覧数 68229
  • 役立ち度 443
    • 総合評価
    • ★★★★★

予告からして面白くなさそうだった。妙に声を張った男が「三谷流スペースロマンティックコメディーーーー!!!小さなハンバーガー屋で起きた爆笑必死!最高の奇跡ィ!!」とかやたらヨイショしまくりの宣伝文句ではなから白ける。この映画の予告の時隣の客が「うわ・・・」と小さく呟いていたのを鮮明に覚えています。予告最後らへんで西田敏行が「お前を抱きしめたーい抱きしめたーい!」って連呼するとことか見た段階でこの映画が駄作であることを早くも悟りましたね。
よく予告は良かったけど内容はイマイチ、というパターンは結構あるんだけどこれはそんな予告で惹きつけようとなんかさらさら思ってない点がある意味斬新。予告の30秒か1分程度で1時間55分のこの映画のつまらなさを物語ってしまっているのだから。これはエポックメーキングですよ!三谷さん!そしてフジテレビさん!あんたら天才的アホですよ!!

そもそもね、言葉を武器とする舞台が出自の三谷幸喜と言外な部分を映像で魅せる映画というジャンルそのものが水と油の関係なんだよ。私が思うに三谷幸喜とか宮藤官九郎とか松尾スズキとか福田雄一とかいわゆる舞台出身者が作る映画に共通する特徴として「全てを言葉で説明する」、に尽きるんです。舞台というものの特性というかそれは仕方のない部分ではある。説明的にセリフを言わないと状況説明も映画と違って判り難いしね。でも映画ではセリフ過多になっちゃダメなんだよね。だってそれってカメラというフィルターを通した映像(画)というものの特性自体を活かしてないってことじゃん?だからよく舞台の映画化もあるけどあーゆーのは殆ど失敗してる。そもそも相反するジャンルなのに無理くり転換しようとしているわけだから。そりゃ歪な代物にならざるを得ないのは明々白々でしょう??
あと役者の「俺?おもしろいっしょw?」的な舞台特有の大仰なセリフ回し。梶原善とか特にその傾向強かったな。なんだその気持ち悪い喋り方???笑わせたいの???1秒たりとも笑えねええええええええんだよ!!!
あと変顔とかもういい加減にしてくれよって感じ。綾瀬はるかがやたら「面白そうな顔」すんだけどさあ、美人のはるかさんには申し訳ないけど・・・・つまんねええええええええええよブス!!!観客をなめんじゃねーぞ。終始おかあさんといっしょ、に出てくる意図的に作った顔を見せられている気分。

ここまで酷い三谷映画は初めてかもしれない。シットコムとしてもどうしようもないギャグのオンパレード。でもなんだろ?試写会でやたら笑ってる人がいるんだけど。「うわーっはっはっは!」「あっはっはっはーーー!!」とか抱腹絶倒してる輩。三谷の信者かな??でも本気で笑ってるように思えないんだよねー。三谷映画の無理やり楽しもうとしてる感じ?わかるよ確かに。大好きな監督の最新作を見て「あれ?これちょっとつまんないかも・・・」と内心思いつつ表面上は「あははは」とか愛想笑いしちゃうサービス精神は。でもその信者らしき人の笑い声も映画終盤になるにつれデクレッシェンドに・・・。笑い疲れたのかな?
最後は三谷っぽいハートフル(みんな笑顔)っぽい終わり方。いつも思うけどなんかご都合主義すぎない??俺がこの映画に出てくる宇宙人なら独りぶちギレてるわ!「おいなんだこの糞映画はおいゴラあ!ちょ三谷呼べ!」、と。

ここでオリコンスタイルでの三谷のインタビュー発言を引用しよう。

「僕は脚本家だし、脚本家が作った映画というスタンスは崩れないし、崩さないつもりではいるんですけど、それ以前に自分はいち映画ファンだという割り切りが、どこかでできたんだと思うんです。自分が楽しんできたいろいろな映画を再構築していく。これだけいろいろな人が関わっている映画で、こんなことを言っては申し訳ないけど、ある種、趣味みたいなところがありますから(笑)。時代劇もやってみて、SFもやってみて、これからミュージカルもやってみたいし、無声映画もやってみたいし、戦争映画もやってみたい。自分がいままで観てきたジャンルのものを、自分なりに崩して再生産する。そういうことが楽しくてやっているのだと思います」

いいですかみなさん?映画作りが「趣味」ですってよ!!笑いながら言ってますよ三谷幸喜が!!

なめてんじゃねええええええええええええぞ!!!どれだけ多くの映画監督になろうと奮励努力して、ぴあフィルムに自主制作映画応募する人がいるんだと思ってんだ!?映画作りを趣味でやんじゃねええええよ!!!だから駄作ばっかなんだよ。本気で作ってねーだろ三谷!

映画のようなゴミを発見してしまったことを悔恨しております。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ