レビュー一覧に戻る
ライフ・アフター・ベス

一人旅

4.0

『ウォーム・ボディーズ』の男女逆転バージョン

ジェフ・ベイナ監督作。 デイン・デハーンが主演を務めた異色のホラーコメディで、ゾンビとして蘇った恋人への対応に追われる青年の姿を描きます。 最愛の恋人:ベスを事故で亡くしたばかりの青年:ザックは悲しみのどん底から抜け出せずにいたが、ある日ベスの両親を訪ねたところ、死んだはずのベスが自宅に戻っていることに気付いて―というホラーコメディで、ゾンビ物のバリエーションとなっています。 『ウォーム・ボディーズ』(13)の男女逆転バージョンといった趣きのゾンビコメディで、日が経つにつれ血色が悪く悪臭も放つようになり、人を喰らうほどに狂暴化していく恋人への愛情と訣別心の狭間で葛藤する青年の奮闘と心の機微を、ゾンビの一斉出現でパニックに陥った町の様相と共にユーモラスに描いています。ゾンビとなった恋人が自分が一度死んでいることに気付いていないシチュエーションが事態をややこしく面白可笑しく盛り上げています。 死んだ恋人のゾンビに向き合う青年の葛藤と決断を日常と非日常の不思議な混濁の中に描いた異色のゾンビコメディで、恋人の父親役をジョン・C・ライリー、青年が惹かれる元クラスメイト役をアナ・ケンドリックが扮しています。

閲覧数40