レビュー一覧に戻る
ライフ・アフター・ベス

ryo********

5.0

ネタバレオーブリー・プラザの超絶演技!

オーブリー・プラザ最高! ひとまず叫んでおいてから書きましょう、この、男女間の恋愛や長く夫婦やっていくことにおいてどれだけ男が振り回されているのかを描いた、味わい深い傑作のことを! 「ウォーム・ボディーズ」(大傑作)と同じものを求めてはいけません! ※なので女人禁制投稿です※ 〜サクサクッとあらすじ〜 大好きなハイキング中、毒蛇に咬まれて死んじゃった彼女ベス。ベスなき人生の物語の始まりはいきなりお葬式。 数日後、形見にもらったマフラーを夏でも首に巻いてるザックがベスの家へ行ったら、なんとベスが生きていた! 意味が分からない状況ながらも、ベスのことが好きで好きで仕方ないザックはベスをハイキングに連れ出そうとしたが、昼間はやめておけとベスパパに止められる。 ゆっくりゆっくりゾンビ化していくベス、街もかなりゆっくりペースだけどおかしな感じの人が増えはじめ… ※ここからネタバレ※ ※もう一回言います、女人禁制投稿です※ さあ、ベスはどうなんの? はい、ゾンビ化していくにつれ、 ↓ 言葉がキツくなります ↓ 目つきもキツくなります ↓ 急にイライラします ↓ 態度がふてぶてしくなります ↓ たくましさを増していきます ↓ 細かいことを執拗に詰め寄ります ↓ 人の言うことを聞かなくなります ↓ 都合の悪いことは忘れたフリします ↓ 肌がカサカサになってきます ↓ 凶暴化していきます … そうなんですこれ、ゾンビ化の進行過程を彼女や奥さんが変わっていく過程になぞらえてるんです。もう聞きたくないでしょ?もう振り回されたくないでしょう?分かります! え、うちは違う? でもめちゃめちゃ面白いんです! そう言わせるのが、冒頭に書いたオーブリー・プラザ、彼女の超絶変容演技! ※さらにネタバレ※ 「彼女はパートタイムトラベラー」でいい感じだったオーブリーが、可愛らしい彼女から徐々にエラそうな女、いやゾンビ?、いや文脈からいくと女だな、女に変わっていくんですよー!死んでしまえ!あ、死んでるわ。 特にザックが夜の浜辺でギター弾き語りを始めた際の暴言非道ぶり! 「夜の浜辺なんてロマンチックだわ…」と目を輝かせていたのに歌い始めた途端「ダサっ」「気分悪い」とギターを波打ち際へ投げ捨ててボートハウスみたいなとこを「キャリー」(もちろんデパルマ版)のラストみたいに炎に染める! さらに後半、遂に食欲が旺盛になってしまって(あ、性欲はもっと早めに旺盛になります)、母親から指をもらい(ここは泣いた!)、凶暴化してるからオーブンに縛りつけられて、もうほとんど「エクソシスト」のリーガンばりに変容し、ああ、もうここから先の人類史に残すべき演技といくつかの名場面は見てもらうしかありません!マジで! 彼氏ザック役の生え際サミット デイン・デハーン、ベスに怖々「お腹減ってない?」と聞くシーンなど、ビクビクした感じがなかなか良かったですね。 全体的にもっと爆笑コメディにできそうなのですがそのコンセプトじゃないから、神経質そうなデハーンでOKなんだと思います。 そしてまさかのアナケン登場!出てるの知らずに観たから嬉しかった! けど、このめちゃ可愛らしい役は、ベスだって最初はこんな子だったよね?また振り回されちゃうよねっていう意地悪な配置。 あ、配置で思い出しましたがハイチに関する小ネタも楽しめます。

閲覧数4,101