2016年5月21日公開

僕らの青春白書

HOT YOUNG BLOODS

1212016年5月21日公開
僕らの青春白書
3.4

/ 91

18%
23%
40%
16%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(12件)


  • じーふー

    5.0

    良いっすよ!

    ホッコリ物です。全く予備知識無で鑑賞しましたが、男性にも岸和田少年愚連隊とか好きな人にはハマります。スターシップ、愛が止まらないがおいしい所で流れます!

  • kun********

    3.0

    イ・ジョンソクのスタイル

    内容云々以前にイ・ジョンソクのスタイルがアジア人離れしてて気になって仕方がなかったwこのひと何頭身あるんですかリアルキャプ翼かよwしかもVIPでサイコパスなヒールやってたからその印象も強くて気になってしまった 終わり方はハリウッドぽいね

  • wxj********

    4.0

    ネタバレ切なくほろ苦く、最後は爽やかな青春物語

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ysd********

    2.0

    残念な私

    青春ってこんな感じだったよなーーーと共感して、この映画を楽しめた人が羨ましい!最後まで私には共感できたポイントが無くて残念。(私の青春時代は冷めていたので)Gyao配信でしたが、映画を早送りしてみたのは初めて。それにしてもパク・ポヨンさんは本当にかわいいです。彼女が出ていたのでこの映画をみた次第です。

  • han********

    4.0

    今日から俺は+うる星やつら

    30代男性の感想です。韓国映画、韓国ドラマいろいろ好きで見ています。が、これは全く期待していなかった。ダサイタイトルだしまぁハズレだろうと。何も調べずに鑑賞。 そもそも田舎の高校生役にイ・ジョンソクは絶対違うだろと思いながらも、パク・ボヨンさん目的と「サニー」を見た流れから見た。 結果まんまと裏切られた。めちゃくちゃいい映画。ただし、相当人を選ぶと思う。「サニー」が面白かった人ならきっと気に入ると思う。かなり暴力的なシーンが多いが、そういうものだと理解しない限りはこの映画を楽しめないだろう。頭で考えるのではなく、目の前の瞬間をただひたすら生きる。それが青春なのだ。 女たらしですかしたイ・ジョンソクがボコボコに殴られるシーンは爽快だ。パク・ボヨンさんを悲しませた罪は重い。だが最後には男らしい姿を見せてくれるところも痛快だ。ドラマ「W」でもボコボコにされていたし完璧すぎるイ・ジョンソクが痛めつけられて血を吐く姿に興奮する層が一定数いるのかもしれない。 キム・ヒウォンさんの演技も実はめちゃくちゃいい。さすがだ。アジョシときの残忍な悪役と同じ人とは思えない恋人の前では童貞のように弱く、彼女に襲われる役というのは本当に面白いし珍しい。 そしてなによりパク・ボヨンさんの演技がひたすら最高で、見終わったときには愛しくてたまらなくなっている自分を発見するだろう。 日本にはいないタイプの女優さんだと思う。韓国の中でも少し異色なほうで中華圏の顔立ちだ。強いて挙げるとaikoさんになんとなく似ている。 欲を言えばもっとパク・ボヨンさんとイ・ジョンソクの幸せなシーンをたくさん見たかった。ずっと辛い思いをした2人が笑い合い、喧嘩しながらも仲直りして思い出をたくさん作っていくシーンをみたかった。 青春てもう戻ってこないけど、きっと誰にとってもかっこ悪くて情けなくていとおしいものなんだな。 タイトルで書いた通り、今日から俺はとうる星やつらを足したようなストーリーだ。あとworstとろくでなしブルースも。パク・ボヨンさんがラムちゃんで、イ・ジョンソクはさながらわたるくんか三橋と言ったところか。 誰がなんと言おうと自分はこの映画が大好きだ。みんなにもっと見てもらいたいって思う。まだ見ていない人はぜひ見てもらいたい。

  • gnz********

    3.0

    ネタバレラストシーンが、、、

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gtt********

    5.0

    甘い青春映画

    韓国独特のぐろい展開はほとんどなく、爽快な感じで青春時代をうまく表現しています。 個人的にパク・ボヨンさん、好きな女優さんです。 今作はいつもと違った女番長の役柄ですが、番長なのにかわいらしく、この作品の流れにあっていました。不良世界の悪さもなくすがすがしい作品です。 なよなよプレイボーイの彼は最後は男を見せます。 韓国映画にはなかなかないハッピーな最後になります。 とても良い映画でした。 ちょっと臭くなるけど、自分を犠牲にできる、自分より大切なもの、それが真の愛なんでしょうね。それが相思相愛なら最高ですね。

  • ryo********

    3.0

    昔の青春

    女たらしだけど、不良の前ではヘタレな主人公とその幼なじみ(不良女子 )その彼女を思う別の学校の不良男子 そして都会からの病弱な?転校生の四角関係。前半から中盤にかけては正直あんまりでしたが、後半に掛けては観てよかったなと思いました。青春はどの時代でも良いものなんだなと感じられる映画でした。 個人的にはもう少し短くまとめてくれたらもっとよかったかなとおもいました。

  • mat********

    5.0

    切なさがたまらない

    韓国青春映画にハズレなし。 なんで邦画だとこういう感じに撮れないんだろう。 これを邦画で描くと重くて切実、「死んでやる~」なんてセリフまで飛び出しそう。 韓国は重くない。明るい。爽やか。だから観ていて楽しい。 あのころはネットも携帯もなくて、ないからこそあの時代の良さがある。 80年代(70年代かな)洋楽も楽しい。 伏線となるアイテムがいくつも出てきて、その回収も見事。 日本語の授業、流行の靴はアシックス、なんて風に日本の影響力もよくわかる。 この映画がここまで素敵な作品になった要素のひとつにヒロイン役のパク・ボヨンの存在がある。すごい美人ってわけじゃないんだけど、もうかわいすぎて本当にヤバい。 転校生役の女の子も負けないくらいかわいい。 ラストも最高! 80年代だね。映画ファンがトクするラスト。 笑ってドキドキして泣いて。 もう感情移入がハンパなくて時間の過ぎるのを久しぶりに忘れた。 観てよかった。 パンフは作成されていない。 欲しかったのに。

  • sun********

    5.0

    切なくもみずみずしい、韓国青春映画の佳作

    『私は乗り越えたのに…』 『逃げるんじゃない。あなた以外で夢中になれるものを見つけてみる…』 切なくもみずみずしい、韓国青春映画の佳作でした。 で、おじさんなのに鑑賞中、涙・涙【特にコンパスのエピソードには…】 好きになるのに理由はない。いや、あるんだけどね。 大切にしたいものに気づけば、思い出せば、夢に向かってまた歩き出せる 主人公の彼も、ようやくようやく、気づいたね。 ラストはなんか『愛と青春の旅立ち』じゃん! でも許せちゃうストーリーでした。 (でもあと5分ぐらい、そこに至るシーンをいれてほしかったなあ) 素直?になれない、気が強くてもホントは優しく一途なヒロインのパク・ボヨンが、ムッチャクチャにいじらしい&カワイイ!!【過速スキャンダルでも好演】 チョン・ジヒョン、ソン・イェジンに並ぶお気に入り女優さんになりました。

  • ken********

    5.0

    青春の1ページだねー

    熱い青春だねー。 主人公が女たらしだけど、振る舞いが憎めないねー。 女性への接し方、口説き方がいいっすね。なんかうらやましいや。 青春時代のバカみたいな純粋さもあって、おもしろかったです。 爽やかな気分になれるな。

  • いやよセブン

    3.0

    青春グラフィティ

    高校生の主人公は軟派で女の子をモノにすることしか考えていない。 そんな彼に片想いしているのが幼なじみの女番長。 都会から可愛い女の子が転校してきて、主人公は俄然張り切るのだが・・・。 よくあるボーイミーツガールもの。

1 ページ/1 ページ中