ここから本文です

赤い玉、 (2015)

監督
高橋伴明
  • みたいムービー 37
  • みたログ 114

2.95 / 評価:80件

赤い玉どころか血尿を迸りそうなジイジには

  • fg9***** さん
  • 2017年3月17日 17時05分
  • 閲覧数 1408
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …タイトルの『赤い玉、』の『、』が気になったので観てみる。
 …あらすじは、解説のとおりだけでいいだろう。
 60歳の映画監督・時田(奥田瑛二)は、大学講師として映画制作の授業を受け持つかたわら、日々脚本を綴り、いつ撮影できるとも知れない新作の準備を続けていた。
 一方で彼は、男性が男性機能を失うとき、射精でなく赤い玉が飛び出してくるという“赤い玉”の伝説を愛人の唯(不二子)に語るなど、老いていく自分への不安と焦りを隠せないでいた。
 そんなある日、彼は偶然見かけた美しい女子高校生・律子(村上由規乃)に魅入られ、ひそかに後をつけていくのだが……。
 そう、男が打ち止めになった時に、あの先っぽから赤い玉が出るんだとさ~。
 なに?それ……っていう感じで、奥田と不二子との絡みは多少エロっぽかったが、女子高生役の村上由規乃には奥田のようには魅入られなかった。
 奥田の妄想なのか?この村上由規乃が躍るダンスにもあまり魅入られなかった。
 下着姿で若干ニップルが透けて見えていたが、それでもなお魅入られなかった。
 で、7万円とは、自分を過剰評価したもんだと思ってしまった。
 あと、学生達の映画製作の模様が映し出されるのだが、なんで「雨に唄えば」なのか皆目解からない。
 トイレットペーパーの乱舞も皆目解からない。
 解からないのは別段嫌いでもないが、匂い立つエロスのようなものが丸で感じられず、数年前にWOW〇〇で特集を組まれた日活ロマンポルノの方が数段愉しめた。
 映画製作に携わっている学生さんなんかは好きなのかな~~。
 いずれにしても、赤い玉どころか血尿を迸りそうなジイジにはさっぱり面白さが伝わってこない作品だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ