レビュー一覧に戻る
沖縄 うりずんの雨
2015年6月20日公開

沖縄 うりずんの雨

1482015年6月20日公開

abe********

4.0

ことば、息づかい、感情の起伏

 ひとりひとりの登場人物のインタビューが効果的で話の内容や現場での表情、そして彼らの抱えている歴史的な背景も丁寧に描かれて、彼らの顔がたいへん印象に残りました。  まずは読谷村チビチリガマでの集団自決で生き残った知花カマドさんのお話。(資料映像かもしれませんが、それでもたいへん貴重です)。  そして作家の安里英子さんの体験、歌人の玉城洋子さんの短歌、写真家の石川真生さんの半生…さらに1995年レイプ事件を引き起こした元米兵・ロドリコ・ハーブも。それぞれの顔、ことば、表情が印象的です。  19世紀のペリー提督琉球上陸に始まる日米関係と沖縄の苦難の歴史については、歴史事実を羅列、論評するだけでは観る者の心には迫りません。メッセージとなるのは生きていることばです。カメラの前で自分を語るそれぞれの息づかい、感情の起伏、ことば…それらが沖縄の思いを十分に伝えてくれました。

閲覧数949