レビュー一覧に戻る
Dearダニー 君へのうた
2015年9月5日公開

Dearダニー 君へのうた

DANNY COLLINS

PG121072015年9月5日公開

つとみ

4.0

掛け合いとダニーの魅力

実話を元にした作品ではあるが、内容は手紙のことよりももっとダニー・コリンズというキャラクターに寄り添ったものだった。 そのダニーを演じたのは名優アル・パチーノ。老いてから一層やさぐれた雰囲気に磨きがかかり、「スカーフェイス」の時の成り上がり感と相まって、最高のキャラクターを構築したと思う。 残念なのはパチーノがロックスターに見えないことと、歌があまり上手ではなかったことだろうか。 ダニーは気が弱いが優しい男。冒頭の若きダニーの表情に未来への不安が表れている。売れないかもしれない不安ではなくて、売れてしまうことへの不安というのが何とも斬新だ。 売れることで今の自分を保てなくなるかもしれない不安。その不安は悲しくも的中し、酒とドラッグに溺れることになる。 気が付けば若い取り巻きにたかられるだけの空虚な生活を送っていた。 そんな時にジョン・レノンからの手紙を手にし、本来のなりたかった自分になろうと決心する。 本作の魅力はダニーのキャラクターと会話の掛け合いにあるだろう。 半分本気で半分ジョークだったり、大真面目にイカれたことを言ったり、ラリっていないときのダニーは本当に憎めない男だ。 そして、周りの人に対する優しさと、時にしつこすぎるほどのひたむきさが花を添える。 ラストは歌で感動を狙ってくると思っていたがそうはならず、少々残念な気持ちもあるが、パチーノの歌があれなこととダニーの魅力は歌以外のところにあることを考えれば最高のエンディングだったともいえる。 「親愛なるダニー」と「やあ、トム」は同じ瞬間なのではないかと思う。 ダニーにその瞬間は遅れてやって来たが、40年後ではなく、今この瞬間に支えてくれる人がいれば道を踏み外すことはない。

閲覧数326