レビュー一覧に戻る
サイレント・マウンテン 巌壁の戦場

アンガス

2.0

何にも伝わってこない映画

第1次世界大戦物は少数派なので期待して見てみたのですが・・・・・ 何とも残念な映画でしたね・・・・ ああなるほどハリウッド物ではないのですね~ ストーリーはイタリアとオーストリア(ハプスブルク帝国)が緊張状態の時代 主人公(オーストリア人)の姉がイタリア人と結婚式を挙げる。 ところがその結婚式の最中、イタリアが宣誓布告してきた。 式は途中で中断、イタリア人たちは姉旦那もみんなイタリアに引き上げる。 (そこまでは戦争の悲劇、怖さを感じるのですが・・・・そこから酷い) だが旦那妹(美人)だけ逃げ遅れ、主人公に匿われるや否や恋に落ちる。 主人公はイタリア人を毛嫌いしていたのにねw 匿ってから即効で旦那妹とHして出撃に出遅れる主人公w 父親と出撃したら、案の定イタリア軍に姉旦那がw 1次大戦中の戦闘の様子もろくに感じないままダラダラの展開。 その頃旦那妹は主人公姉に横恋慕していた愛国者の教師に脅される。 イタリア人がここにいるってばらさなければ、分かるよね?みたいなw 主人公が負傷して一時戦線離脱しているときに、その場を見てしまう。 自暴自棄になった主人公は、嵐の中イタリア軍に突撃して、 軍神のごとく敵を殺しまくるが、ガトリング砲を奪って撃ちまくっていると、 雷に打たれ意識不明に・・・・・・ふつう死ぬよね? 姉旦那はイタリア軍だが、やはり嫁家族は心配 オーストリア軍の陣地ごと吹き飛ばす作戦を主人公たちに伝えに来る。 その頃姉はイタリア人旦那の子を産んでいた。 一目嫁、子供の姿を見ようと嫁実家に行ったところを教師に見つかり、 チクられ嫁が見守る中銃殺される。 そして旦那妹にもピンチが訪れたとき主人公が戻り、 妹を連れて山に逃亡・・・・・・ もう何もかも中途半端で薄っぺらくて・・・・・ 戦争物としても、ラブストーリーとしても見れません。 唯一主人公の先輩兵士のおじいちゃんの話だけ面白かったので、 ☆☆ですね。それがなければ☆

閲覧数910