ここから本文です

GAMBA ガンバと仲間たち (2015)

監督
小川洋一
河村友宏
小森啓裕
  • みたいムービー 153
  • みたログ 887

3.75 / 評価:751件

三國志が好きなら

  • mag******** さん
  • 2020年7月24日 11時07分
  • 閲覧数 592
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ガンバの冒険は昔テレビで見てました。だけど、見てたのをかろうじて覚えてる程度で先入観のない状態で子どもと一緒に見ました。

CGは所々背景がゲームレベルになるのが残念な感じ。人間の描写はPS3レベル。
子どもは気にしてません(笑)

ストーリーはネズミがイタチをやっつけに行くと言う単純明快な冒険活劇。
イタチとの合戦シーンはさながら三國志の赤壁の戦い。地の利を生かして不利な戦いに光明を見出だすガクシャが孔明に見えてきます。
陸海空の合戦シーンとキュートなヒロイン。
ピンチで現れる主人公。
もう終わったかな?と思ったらまだ生きてると言うハリウッドテイストを織り混ぜて最後は正義が勝つのはお約束。
何回見てもうるうる来るのは歳のせいかな。

戦敗国である日本人が大国の驚異に晒されながら、知恵と工夫で生き延びると言う戦後教育的な感覚が古臭く、今そのストーリーを見ると違和感があります。
ネズミ達も強大な敵を前にして、みんなで一枚岩になって頑張ろうと言うところでも、何もせずに文句だけ言うヤツの描写も卑屈な日本人みたいで。
私が子供の頃のアニメを作ってた人達の世代を考えるとギャップがあるのは当然ですね。

単純に怖がったり、喜んだりする子どもを傍目に、うるうるしながら考えさせられる映画でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ