ここから本文です

アイアムアヒーロー (2015)

監督
佐藤信介
  • みたいムービー 958
  • みたログ 9,010

3.42 / 評価:7,701件

国産ゾンビ映画の金字塔!

  • ポルティ さん
  • 2019年8月4日 11時01分
  • 閲覧数 883
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

漫画を読む習慣がないので原作は未読。本作をオリジナルとして鑑賞したが、まず日本でもこんな映画が作れるようになったことを素直に評価したい。
ゾンビの特殊メイクや銃による頭部破壊の特撮部分などに関しては日本のスタッフ陣も世界水準であることは間違いない。
反面、ストーリーは物足りない。英雄たちが立てこもるショッピングモールのシーンはロメロの本家「ゾンビ」へのオマージュなのだろうが、終末観が不足しているため、絶望感や緊張感が希薄。結局ただのシューティングゲームの画面を観ているような感覚になってしまうのはホラー演出としてはいただけない。ただ本作は背景にブラックコメディ的な要素もあるので、このどこかユルい部分こそが純粋なホラー作品と一線を画す独特のテイストになっていることを好意的に評価すべきかもしれない。

逞しすぎて看護師にみえない長澤まさみはちょっと損な役回りだったが、個人的に好きなタレントなので顔を見れただけで許す(笑)。あまりセリフがなく、「カワイ子ちゃん担当」的な役回りの有村架純はこの後「ひょっこ」で国民的スターに大ブレイクするわけだが、これが「ひょっこ」の後だったら、絶対この映画のオファーは受けなかっただろうなあ。

国産ゾンビ映画としてはまさに金字塔であり、全体的にみても欧米のゾンビ映画とも遜色ない出来映えだと思う。国産だから贔屓するわけではないが、同時期公開の韓国産ゾンビ映画「新感染」よりは面白かったかな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ