ここから本文です

みかんの丘 (2013)

MANDARIINID/TANGERINES

監督
ザザ・ウルシャゼ
  • みたいムービー 327
  • みたログ 306

4.22 / 評価:185件

映画の中の言葉がズシンと来ます

  • dun******** さん
  • 2021年2月15日 11時23分
  • 閲覧数 179
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画自体は、観てもらえば理解できると思う。エストニアとグルジアは結構離れている。エストニアは近隣の北欧諸国と同様、兵役がある。第二次大戦ではロシアに早々と無抵抗で占領されたが、のおかげで旧市街が破壊されずに残った。他方、ヘルシンキは抵抗し街中は戦後建設されたものが多い。このエストニアの歴史からも、息子は正義感に燃えたのだろう。「志願しても誰のためにもならない」と説得したが無理だった過去を持つお爺さん。今は敵味方であったとしても、同じ人間。分かり合える時が来る、と。ボーイスカウト時代の【無名スカウト戦士】の記念碑のお話を思い出した。ぜひ、ネットで調べていただきたい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ