ここから本文です

探検隊の栄光 (2015)

監督
山本透
  • みたいムービー 316
  • みたログ 926

3.46 / 評価:650件

笑いのパターンは たった2つ

  • 沢口なつき さん
  • 2016年3月25日 14時40分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

「探検隊の栄光」という伝説の三つ首怪獣ヤーガを探しに行くという番組を撮影しに行く 出演者、スタッフの物語

藤原竜也が杉崎という意識高い系の俳優を演じているのだがアドリブがきかない。

一方スタッフらは意識は低くて適当に撮影を行っていくが、良く言えば考え方は柔軟で、そこから生まれる軋轢のギャグが一パターン目。

要は杉崎だけ妙に浮いてしまう、というギャグ。



それと、番組をそれっぽくするために、なんでも大げさに演出するギャグのパターンが二つ目。

例えばいかにも崖から落ちそうに撮影していたと思ったらただの大岩の上での事だったり。

後はそれに準ずるヤラセとか捏造をギャグとして見せるパターン。



ほぼ全部がこの二つの繰り返しで、ハッキリ言ってクソみたいにつまんない。

しかし、一ヶ所だけ笑える所がある。


それは、杉崎が番組の台本を見ると「いつも通りの大きなリアクション」と指示が出ていた所。

これは杉崎というより藤原竜也に投げかけてる言葉だ(笑)


あ"あ"あ"あ"あ"あ"あぁ"ぁ"ぁ"ぁ"、とカイジやデスノートで大げさに叫んでいた彼自身へのツッコミ(笑)


ここはメタ的表現になっていて面白かった。


ただ本当にここだけなので、今それを知れたあなたは間違いなくもう観る必要はない。


他のギャグはどれも、まだチンコに毛も生えてないような幼稚なものばかりだから。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ