ここから本文です

スターリングラード 史上最大の市街戦 (2014)

STALINGRAD

監督
フョードル・ボンダルチュク
  • みたいムービー 10
  • みたログ 106

3.29 / 評価:77件

ロシア製ならもっとやってくれると…

  • vap******** さん
  • 2020年6月11日 21時50分
  • 閲覧数 865
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

独ソ戦(この場合ソ独戦)はもとより、「人類史上最大の市街戦」なのは間違いないスターリングラード攻防戦。それをロシア目線で描く戦争巨編、と期待して鑑賞。とかく、WWⅡのソ連モノは悲惨なイメージがあり、これは相当だろうと思っていましたが、意外とこじんまりしてました。
 冒頭になぜか東日本大震災に駆け付けたロシアの救助隊員の母の想い出話から始まり、その母と5人のソ連兵のヒューマンドラマを絡めるという、どこか韓国映画でもありそうな話にもっていかれて「オソ露西亜」っぽくない戦争映画ですね。また、ドイツ側にも愛に溺れる将校がいて、そちらにも重きがおかれて、なにやらイタリア映画?的な空気です。
 焼き払われ、灰が常に降りそそぐ廃墟の街のセットは凄いものがありましたが、伝統的に”陸軍大国”のロシア製作の戦争映画としては、もっと戦闘そのものにも重きをおいても良かったかなと思いましたね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ