レビュー一覧に戻る
アクトレス ~女たちの舞台~
2015年10月24日公開

アクトレス ~女たちの舞台~

SILS MARIA/CLOUDS OF SILS MARIA

PG121242015年10月24日公開

ryo********

5.0

 何を得ても、何を奪われても自分の人生。

もう何度めだろう、洋画大豊作イヤーって言うの。ちなみにチラシに書かれているコピー「永遠に輝くこと、それが彼女たちの使命」は甚だしくミスリードしていますので、素になってご覧ください、この傑作を! そもそも僕の最近のクリステン・スチュワート熱は本作の予告編を観てから。その、美しく不機嫌そうなメガネっ子を含めた女優たちの物語なんだろうな、とぐらいしか知らずに観たのですが、一部見当違いもありながら、クリステンとビノシュの演技及び原題である舞台シルス・マリアの景観、それらが織りなすマリアージュに大興奮の124分でした! 〜サクっとあらすじ〜 女優マリア(ビノシュ)は欧州を拠点にしながらハリウッド映画にも出演している国際派女優。ハリソン・フォードと共演したり、「X-MEN」にも出演したけど「もうブルースクリーン前で演じるのもワイヤーもこりごりよ」と基本的にハリウッドの商業ベースに乗っかった製作スタイルとは縁切りの姿勢。 そのマリアを支えるのがマネジャーのヴァレンティン(クリステン)。二台のスマホを駆使してスケジュール管理、台本の読み合わせ相手にもなり、かなりクレバーで、マリアの精神的支柱。どこかの事務所には属さず二人でやってきた。 ある日、マリアの出世作「マローヤのヘビ」の舞台版リメイクの話を持ちかけられた。しかしマリアへのオファーは当時演じた主人公ではなく、主人公に翻弄され自殺に追い込まれる中年の役だった… 迷いながらもオファーを受け、「マローヤのヘビ」のタイトルの由来である景勝地シルス・マリアで役作りするマリア。 山荘で、散策路で、山道で、そこかしこで台本に沿って役作りをヘルプ、マリアの思いを優先しながらも客観的に状況を分析し、示唆に満ちた言葉を投げながらマリアの過去の思いや今、そして未来のマリアをあぶり出していくヴァレンティン。 そこで聞かされる二人の言葉は、本作の台本なのか「マローヤのヘビ」の台本なのか、はたまた一役者としてのクリステンとビノシュ本人の肉声なのか?とも取れる三重構造の楽しさがあり、映画好きなら並のアクション映画なんかよりアドレナリンダダ漏れになること間違いなし! あ、クロエちゃんはかつてマリアが演じた主人公を演じる、ゴシップまみれのハリウッド女優役。汚れてんだか純潔なんだか分からない、これまた興味深い役柄でした。 何を得ても、何を奪われても自分の人生。 そんなことを思い知らされる、深い味わいのある映画でした。 やはり今年は洋画大豊作イヤーだ!

閲覧数1,193