ここから本文です

キングスマン (2014)

KINGSMAN: THE SECRET SERVICE

監督
マシュー・ヴォーン
  • みたいムービー 1,457
  • みたログ 1.3万

4.18 / 評価:10358件

パロ気味スパイアクションで面白い

  • izq***** さん
  • 2021年2月11日 23時21分
  • 閲覧数 217
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

民間諜報機関ものということで、本格的なスパイアクションではなく、M.I.B的なパロっぽい作りのスパイアクション。善悪はっきりしてわかりやすくて面白い。前半は諜報員選考テストとコリン・ファースの教会での大立ち回りが見所。後半は悪者の作戦を防ぐ攻防が続き、なかなかすんなりは終わらなかったところは良かった。前半で秘密道具の説明シーンがあったが、後半できっちり回収と007と同じパターンも良かった。
あと、殺しのシーンが少々残虐だからかR15指定。
しかし、主役となってたコリン・ファースが中盤で死んでしまうとは。

高級スーツ店キングスマンは、実は民間諜報機関として活動していた。
キングスマンの諜報員ランスロットが拉致された大学教授の救出ミッション中に殺害されてしまう。キングスマンは諜報員を補充するため候補者を集める。諜報員のハリー・ハートはかつて自分のミスで亡くなった諜報員の息子エグジーをスカウト。
エグジー含め9人の候補者が集められ、命をかけたテストが行われていく。お約束でやな連中がいて、お約束でそいつらが先に落とされていくパターン。最後に残ったのはエグジーと優しい女候補者のロキシーであったが、エグジーは最後のテストで子犬に引き金を引けずに落とされてしまう。
悪者のヴァレンタインは無料通話・無料通信のSIMカードを世界中に配布。実はそのSIMカードに何らかの信号を送ることで、人々は争い殺し合う凶暴性を持つようになってしまうというものだった。ヴァレンタインの狙いは人口減少させ、選ばれた特権階級が生き残る世界を作ることであった。ヴァレンタインは同調する政治家などの特権階級や自分の兵隊達の頭部に爆破機能付きのチップを埋め込んでいた。
キングスマンはヴァレンタインが教会での集会でテストすることをつかみ、ハリーが潜入する。そして信号を送り、ハリーを皮切りに人々が教会内で壮絶な殺し合いを始める。最後に生き残ったハリーであったが、教会を出たところで待ち構えていたヴァレンタインに銃殺されてしまう。
カメラ映像でそれを見ていたエグジーはキングスマン本部トップのアーサーを訪ねるが、アーサーも既にヴァレンタインに取り込まれて頭部にチップを埋め込まれていた。それに気付いたエグジーは、アーサーが仕込んだ毒入りワインをすり替えて、逆にアーサーを殺害。エグジーは、残された諜報員マーリンと新人ロキシーの3人でヴァレンタインの企みを防ぐために動き出す。
ロキシーは巨大風船で大気圏を超えて世界中に凶暴化の信号を送る衛星の一つを爆破へ。マーリンとエグジーはヴァレンタインのパーティー会場に向かい、アーサーにきていた招待状を使いエグジーが内部に潜入。しかしエグジーは正体がバレて基地内を逃げまどい、マーリンの待機するジェット機になんとか戻る。凶暴化の信号発信のカウントダウンが始まるが、すんでのところでロキシーが衛星爆破に成功。しかしヴァレンタインは代わりの別の衛星を軌道に乗せようとし、エグジーは再び基地内にヴァレンタインを仕留めに向かうが、大量の兵達に囲まれて絶体絶命。そこでエグジーはアーサーの頭部から取り出した爆破チップの起動をマーリンに頼み、マーリンが起動に成功。爆破チップが埋め込まれていた兵達や招待客らの頭部は皆吹っ飛ばされてしまう。
しかし、代わりの衛星が軌道に乗り、世界中で暴動や殺し合いが始まってしまう。
助かったエグジーは、ヴァレンタインのもとに向かい、ヴァレンタインの側近で両足が鋭い刃物の女戦士ガゼルと戦闘。何とかガゼルを倒して、最後はガゼルの足の刃物をヴァレンタインに突き刺し、信号発信も止まり世界は救われる。
エグジーはヴァレンタインに囚われていたスウェーデンの王女を助けて終幕。エグジーが王女の監禁部屋で王女と戯れようとして終わる終わり方は007をパロってるな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ