ここから本文です

エクスペンダブル・ミッション (2015)

SKIN TRAFFIK/A HITMAN IN LONDON

監督
アラ・パイアヤ
  • みたいムービー 2
  • みたログ 78

2.17 / 評価:59件

えーと……自主製作映画ですか?w

  • yk1***** さん
  • 2017年11月15日 1時17分
  • 閲覧数 855
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

途中までは、「トランスポーター」的な映画を目指して撮影したけどうまいかなかったんだろうなと想像してました。

とーこーろーがぁぁぁ

たぶんそうじゃない。
「惜しい」とか、「ここがちょっと足りない」とか、そういうんじゃない。

監督には絶望的にセンスが無い。

敵の銃弾をかわすため、主人公が物陰に隠れた。そこから反撃に転じるべく主人公が物陰から飛び出した!

次の瞬間……!




なぜか主人公の顔がボコボコに!

まったく意味がわからん。
ついさっきまで主人公はキレイな顔してましたけど。
この「驚異的なまでの辻褄の合わなさ」は、ちゃんとテープチェックしたの?目が腐ってるの?というレベル。
「カメラワークが甘い」とか、「予算が足りなかった」とか、「役者の演技力がいまひとつ」とか、「編集が雑」とか、「時間の都合で話の流れが強引」とか、そういう次元ではない。
これなら仮面ライダーのほうがリアリティがあると思える。


もったいないのは
(1)シーンをコロコロ切り替えるためにかかったロケーション費用
(2)一流とは言えないまでも、「それなりに」名の通った俳優陣へのギャラ
(3)ゲイリー・ダニエルズのアクションシーン。よく体重の乗った打撃は元キックボクサーならではか。

(1)(2)は単に金がもったいない。
(3)はこんな学芸会レベルの作品でなく、もっとまともな作品で披露すべきだったろうという意味でもったいない

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ