2016年12月23日公開

土竜(モグラ)の唄 香港狂騒曲

1282016年12月23日公開
土竜(モグラ)の唄 香港狂騒曲
3.2

/ 2,624

35%
12%
18%
8%
28%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

犯罪組織・数寄矢会に潜り込んだ潜入捜査官モグラの菊川玲二(生田斗真)は、日浦組組長・日浦匡也(堤真一)と兄弟の契りを交わし、思いがけず日浦組若頭に就任。そのころ、容姿・頭脳・人望もピカイチの警官・兜真矢(瑛太)が警視庁組織犯罪対策部課長に就任し、玲二の逮捕に動き始める。一方玲二は、最終ターゲットの数寄矢会会長・轟周宝(岩城滉一)からチャイニーズマフィア仙骨竜の撲滅と、轟と娘のボディーガードを任され……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(182件)

笑える17.9%楽しい12.3%セクシー11.6%コミカル10.6%絶望的9.2%

  • ir0********

    3.0

    「おバカ〇〇エンターテイメント」

    漫画が原作の作品で あれだけ昔からフジテレビで「土竜の唄」「土竜の唄」ってやってれば原作知らんオレでもみたことある。 映画は多分 おバカエンターテイメントなんだろう と思ったら違った。 おバカエロエンターテイメントだった。 こんなの 中学の時とかみたら ヤバいだろと思いながら観ていた。 いや、菜々緒様 を 見させていただいた と言った方がいいだろう。 本田翼も好きなので、俺得映画ではある。 瑛太も全盛期でとにかく かっこいい。 1はみてないが まぁみてもいいかなー でももうすぐやるファイナルは見る気ならないなーって程度で星は3

  • drm********

    2.0

    終始

    2022年6本目 この前に『キャプテン・マーベル』を観たので。 男臭さの中にエロ、下ねたオオアリで相変わらずの三池節炸裂。 やや豪華な感じはするが、全体的に退屈だったのはなぜだろう? 面白い部分なども結果、子供じみた悪ふざけの域を出ていなく、大人の鑑賞には耐えられない。 フィルターで誤魔化されてはいるが、血のりメイクやセットの感じなど安っぽい。 逆にその辺りを誤魔化すためのフィルター濃いめなのかもしれない。

  • hir********

    1.0

    ネタバレあははおもしろいね、中高生だったら

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ft0********

    3.0

    1作目に続いて楽しく鑑賞

    このノリは好きですね。 生田斗真も堤真一も相変わらずいい。 と言うか、菊川令二とクレイジーパピヨンが良いのだね。 ただジュンナ役の仲里依紗 が 1作目の様なエロさが無くて魅力が半減してたのが残念。

  • よっぴ

    2.0

    本田翼を生かす最大

    最新作が公開ということで、Amazonプライムで出ていたので鑑賞した。 初めて土竜の唄をみたのは中学2年生の時に映画館でみた。 当時からクドカンは好きだったのと生田斗真が主演ということで最高のタッグだと思って見に行きました。 彼女と見に行って、気まずかったのを覚えています。三池さんのえぐさとクドカンのエロがあって刺激的だったのを覚えています。 それに比べると、見る年齢が変わったのもあるけど、なんだか振り切ってないように感じました。 ちょっと最後の方眠かったです。 ただ、本田翼と生田斗真のカーセックスしかけるシーンはどきどきしたし、最高だった。エロはちょっと健在。 本田翼は活かすには、シリアスなシーンは厳しいからこれぐらいの軽い感じがいいなと改めて感じた。 本田翼の濡れ場はあまりないので、貴重なきがした。(しかし、まったく脱がない。) 内容もあんまりない気がした。 堤真一と生田斗真がただただかっこいい。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
土竜(モグラ)の唄 香港狂騒曲

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日