ここから本文です

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 (2016)

BATMAN v SUPERMAN: DAWN OF JUSTICE

監督
ザック・スナイダー
  • みたいムービー 1,061
  • みたログ 6,696

3.21 / 評価:5,175件

『鬼ヶ島の鬼は本当に悪者?』論を持ち出す

  • hig***** さん
  • 2019年10月14日 18時38分
  • 閲覧数 272
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

スーパーマンを危険視する理由に、私が子供の頃ウルトラマンと怪獣の市街戦を観て感じていた心配事、『バトルにより破壊された街の人的被害の有無』と同じものが反映されているとは…。ここら辺はウルトラマンでは不問に付されていたんだけどなぁw

 現代のヒーローは、少数の犠牲の上に成り立つ多数の救済の是非も問われているんですね。また別のシーンでスーパーマンが公聴会(?)に出席する場面のなんてシュールな画だことw
 
 こういう、(特撮)ヒーロー物にリアルな目線を取り入れるという、ある意味
掟破りの手法も、行き過ぎると一時流行った『空想科学○本』みたいな『それを言っちゃあ…』な面白くもなんともないストーリーに成り兼ねないのですが、これも多角的な視点も要求される昨今のヒーロー物作品(ていうか、社会全体のモノの見方としても)の風潮として致し方のないものかもしれません。

 まぁ、こういう切り口もネタ切れから来るジャンル全体の閉塞感を打開するための単なる抜け道にも見える上に最近、食傷気味でもあるんですけどね。 

 作品の中で1つ関心したのは主演の1人、ベン・アフレック。彼の作品は殆ど観た事無かったのですが、本作ではその陰キャっぷりが様になっていてブルース・ウェイン=バットマンを演じてきた歴代俳優たちの中で一番の出来では?と感じました。

 余談ですが、実弟のケイシー・アフレックも『マンチェスター・バイ・ザ・シー』で存分に陰キャっぷり発揮してますね。兄弟揃ってなんともw

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ