ここから本文です

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 (2016)

BATMAN v SUPERMAN: DAWN OF JUSTICE

監督
ザック・スナイダー
  • みたいムービー 1,064
  • みたログ 6,912

3.21 / 評価:5342件

とにかくガルちゃん!

  • lma***** さん
  • 2020年4月5日 23時09分
  • 閲覧数 838
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ジャスティスについての前知識が一切無い状態で鑑賞。
タイトルから漠然と
「どうしてこの二人が戦うんだろう」という興味と
「バットマン(人)とスーパーマン(宇宙人)じゃどう頑張っても人間が負けちゃうと思うけど、どうやって戦うんだろう」と思った。

バットマンは案の定 戦いに苦戦するけど何とか持ちこたえている。
スーパーマンは思ったより単純に記憶を取り戻して 結構肩透かし(失礼)
「誕生」というからにはきっと ジャスティスを結成するまでの前説的な映画なのかもしれない。
勿論 バットマンやスーパーマンについては知っているが
映画の進み方に若干ついていけず 自分が解っているのか不安になったのも事実。
幸い?解って無くても解る筋だったので 最後まで無事鑑賞。
と これだけだとなにやらさっぱり面白い映画では無かったのか?
という感じだが、ここでガルちゃん、ワンダーウーマンである。
最終的に バットマンは敵に到底敵わないし
復活したはずのスーパーマンも え??と思ってしまうほど敵わない。
余裕をかました口調のバットマンのセリフにも てんで説得力がなく。
あぁ これは負けるのかぁ?そういう映画かなぁ?と 思いかけた瞬間!

彼女が登場した場面で 私は思わず「 うわああ来たぁあああ」と声を出した。
バットマンとスーパーマンが
なにやら自分の事で結構一杯一杯で ずるずる喧嘩している間に
彼女こそが王道のヒーローとして登場するのだ。
そしてその瞬間の バットマンとスーパーマンの会話がまた効いている。
(個人的にこの会話は字幕を推奨する)
ここで一気に私のテンションは上がった。もうガルちゃんから目が離せない。
ガルちゃんは、母のような慈愛も見せチームをまとめていく。
ガルちゃんのスタイルの良さと気品等も まさにぴったりだ。

映画の内容レビューというより とにかくガルちゃん登場の場面だけでも観て欲しい。
(非常に偏ったレビューで申し訳ない)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ