ここから本文です

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 (2016)

BATMAN v SUPERMAN: DAWN OF JUSTICE

監督
ザック・スナイダー
  • みたいムービー 1,331
  • みたログ 7,326

3.21 / 評価:5437件

バットマンが人を殺しちゃだめでしょう。。

  • nag******** さん
  • 2020年7月21日 12時26分
  • 閲覧数 1526
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

当時映画館でも観て配信動画でも何度か観てますが。。。やはり個人的にはうーんな感じです。
バットマンはガジェットを使う等してでもどんな悪人も殺さない流儀があって、だからこそその流儀を悪用する宿敵ジョーカーとの対決も映えるのに。
今作のバットマンは敵に真っ向から突っ込むもっさりとした格闘がメイン、バットモービルでは問答無用で悪人を殺したり致死レベルの事故に合わせたりします。おまけに「スーパーマンをコロす」発言。
このあたりがずっと引っかかっていて、せっかくティムバートン版とノーラン版で築いた孤高で重厚な世界観が。。。ともやもやします。

しかも女に目が無くチャラさ全開で(ノーラン版はそのあたりスマートに描いていて気にならないが)
なんか過去作より明らかに知能が低下していてただの脳筋、正義感だけ強い低俗なムチムチコスプレおじさんって感じです。

ストーリーもテンポは良いのですがご都合主義が多すぎて?マークがたくさん出てきます。明らかにその画が撮りたいが為にストーリーは無理やり繋げた、みたいな。
スーパーマンとバットマンが戦うのもただの勘違いからで、理由がしょうも無さすぎて感情移入ができなかったです。

映像も演出は単調だし暗いし合成CGは迫力ありますが
昨今のハリウッド映画同様CG感強すぎて現実味が無いというかアニメ的な軽さ。重厚にしたいのか軽快にしたいのかどっちつかずです。

いやもう褒めるところ音楽くらいやん笑

やっぱりDCは映画よりTVドラマ、
MARVELはTVドラマより映画、と認識しました。

余談ですがウィル・スミスのアイアムレジェンドで
廃墟のNYにバットマンvsスーパーマンの映画の看板が小ネタで登場しており、パンフレットを見るとその時から企画されていたことがわかります。
満を持しての公開がこれかーという感じで残念です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • 不気味
  • 絶望的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ