2015年11月21日公開

流れ星が消えないうちに

1242015年11月21日公開
流れ星が消えないうちに
2.9

/ 79

16%
13%
33%
22%
16%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(9件)


  • qua********

    3.0

    私は最後まで楽しめました。

    邦画にある”終始おごそかに時間が流れていく感じ”の作品で、個人的にはこういう作品も好きなので最後まで楽しめました。

  • MOVIE道

    4.0

    ♪不意に流れた星たち あの日も見ていた♪

    上映館が少なく、上映期間も限定されていたので予定を合わせるのに一苦労。 塩ノ谷沙耶香が1年半ぶりに映画主題歌を歌う!一昨年「超高速!参勤交代」で「Like a flower」を聞いて以来、彼女の声と歌唱力に魅了され、ニューアルバム「S with」のプロモーションビデオでは彼女の上京時の母親との思い出が母親役東ちずる共演で描かれている。映画本編よりこちらの方にホロリときてしまったかも(笑) NHK朝ドラ主演の波留がほぼ等身大の女子大生を演じ、悩み苦しむ自分と家族、そして同じく亡き友人の影に思い悩む彼女の恋人と共に、前向きに生きていこうとする過程を描いたヒューマンドラマ 。 一見、ラブストーリー風だが、主人公奈緒子の死んだ恋人加地の生前の言葉『動いてこそ見えてくるものがある。状況は変わらないかもしれないが、見る目が変わってくる』に脱サラ願望の奈緒子の父親、受験生の妹も絡んだ登場人物たちの心の変化がプラネタリウムの星空と流星の映像で美しく前向きに変わっていく。 飢えや難病、暴力やテロといった生死に関わるものはなく、トラウマの克服、家族の対話という現代人の悩みの一部分の切り取りなので、大きな感動や共感には程遠いが終わりよければすべてよし。覚えたての主題歌「流れ星」を口ずさみながら映画館をあとにしたのでした。 ♪輝く宝物 胸に きっと歩いてゆくから♪(^O^)

  • cas********

    2.0

    原作が繊細すぎ?

    あまりにも淡々としていて少し辛かった。 ヒロインはラスト以外は同じ場所でぐるぐる回ってるだけにしか見えなかった。 波瑠目当てなのでその点で不満はないけど、原作の繊細さ(未読なので想像だが)を映像化することには失敗したと思われる。

  • kad********

    3.0

    人を愛する難しさ。静かに語るヒューマンドラマ。

    【賛否両論チェック】 賛:愛する人を亡くした時に、新しい愛を育むことの難しさや儚さを、温かい人間ドラマの中で、静かに描いていくのが印象的。 否:お話自体はかなり静かで淡々としていて、尚かつ上映時間も長いので、眠くなりそう。ラブシーンもあり。  死んでしまった最愛の人への愛が消えずに、新しく誰かを愛することへの罪悪感に苛まれる主人公が、本当に少しずつその苦しみを克服していく様子が、温かくも静かな雰囲気の中で淡々と描かれていきます。印象的なのは、奈緒子と巧が夜の近所を散歩するシーン。ようやく新しい愛情を育みつつあったのに、加地が幼い頃落ちてしまった川を眺めた時に、ふと彼との思い出がフィードバックしてきて、思わず取り乱してしまう姿なんかに、主人公の葛藤が赤裸々に現れているような気がします。そんな主人公を優しく見守る、巧や父や妹の姿にも、また癒されるような気もします。  ただ思いのほか上映時間が長めだったりするので、気をつけないと眠くなるかもしれません(笑)。時間軸はかなり行ったり来たりしますが、高校時代と現代なので、混乱することはなさそうです。  ラブシーンも少しありますので、どちらかというとお1人で、愛というものを見つめ直したい時に、是非オススメです。  

  • kom********

    2.0

    ネタバレ誰にも感情移入できませんでした。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • new********

    5.0

    ゆるやかな世界観

    近年には珍しいゆったりとした時間軸の作品。大きな出来事が起こるわけではないけれど、この切なくもゆるやかな世界観が好み。主演の波瑠さんも良かったけど、黒島さんが秀逸だった。映画を観たあとに、星空を思わず眺めてしまった。

  • rmq********

    3.0

    ネタバレ原作未読でも大丈夫です。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tak********

    1.0

    原作小説映像化の難しさ

    最初から最後まで、フレッシュなキャストを用いた事による期待感からの盛り上がりあるシーンが無く、小説でたんたんと描かれる日常を映像化したせいか冗長で上映時間が異様に長く感じられた。 武蔵野市、三鷹市協力の元に製作されたオールロケ映画と謳う割には借りた空き家に作ったセット内でのシーンが多く、三鷹市の天文台シーンをさらりと挿入する事でお茶を濁し、街の魅力を描ききれていない。武蔵野市、三鷹市でロケをした必要性がほとんど感じられずに非常に残念だった。 また小説にも登場し違和感ありまくりの『大学生の恋人同士がその父親を介在して家で食事をしたり晩酌するシーン』が退屈すぎであり、現在若しくは原作小説の時代背景の学生恋愛にしても随分と年寄り臭い恋人同士だなと、二人が背負う傷(これも拍子抜けするほどあっさりとしか描写されない)の深さを差し引いても年寄り臭さを感じられずにはいられなかった。画面も意図的なのだろうが暗い。 そして恋人を失った奈緒子という女性の現在、普段はいったい何をしている人なのか?感情移入しにくくしかも謎だ。 カット割りで画面が黒く塗りつぶされるのも観ていてイライラして来た。 また、巧と姉、巧の先輩とのエピソード、これは完全に不要なシーンだったと思う。 こんなものは省いて他の核心部を丁寧に描くべきだった。 原作は奈緒子、加地、巧の三者からなる視線で描ききったが、映像化では散漫になりやるせない退屈な映画になってしまった。 原作小説も大概退屈な印象だがそれ以上に退屈な映画を観てしまい後悔している。 最後に、ライトノベル作家の長編作品映像化につき登場人物の葛藤が薄く自己肯定感がものすごく憤りさえ覚えてしまう。 奈緒子は現在の価値観では完全なるビッチだと言えよう。 この作品のテーマは、誰にだって性欲はある 恋人が死んだ直後であっても。

  • mai********

    3.0

    流れ星は消えるけれど

    流れ星は人の命が消える凶兆と言うけれど 願い事を3回唱えると願いが叶うとも言う。 玄関が人が出ていく場所出ると同時に 人が帰ってくる場所でもあるように。 悲しい思い出はきっとその悲しさと同価値の楽しい思い出を持っている。 だからこそ、大切な人を喪った時の整理はつかないし いつまでも引きずってしまう。 どのように心を整理するのか 忘れた方がいいのか 残したままでいいのか いつか自然と昔語りできるように… 流れ星が、人生の中での一瞬の煌めきのように 鮮やかで素敵な思い出に変われるように 流れ星に願いを込めて 喪われた命の傍に居た人の心の葛藤を、ありふれた日常の中に散りばめて このヒロインのように、 彼女のような年頃で大切な人を喪った経験がある人には 思わず共感、共鳴できる部分がある作品なのかなと思います。 特別抑揚があるわけじゃないので そういう体験がない人にとっては、実に淡々とした作品に思えるかもしれません。実に繊細なバランスの上にある作品なのかなと感じます。

1 ページ/1 ページ中