ここから本文です

顔のないヒトラーたち (2014)

IM LABYRINTH DES SCHWEIGENS/LABYRINTH OF LIES

監督
ジュリオ・リッチャレッリ
  • みたいムービー 173
  • みたログ 461

3.90 / 評価:331件

長い

  • syo******** さん
  • 2016年5月18日 22時14分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

人間性や正義にかかわる重要で困難なテーマが追求されているのは解るが、だからすなわち良い映画と言うわけではない。
長いし、意味があるような無いようなシーンが多すぎる。
実話にほぼ近いらしいのでカタルシスがないのは仕方ないにしても、多分創作の恋愛話や友情話も何だかとりとめがなく映画をよけい退屈にしていた気がする。
他のナチ作品と比べて敗戦国の戦後の難しさを描いていたのは新しいと思った。
日本も戦後こう言う内部告発を葛藤の中で少しは経験すべきだったのでしょうね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ