ここから本文です

Dressing Up ドレッシングアップ (2012)

監督
安川有果
  • みたいムービー 18
  • みたログ 50

2.89 / 評価:38件

前半は良かった

  • uni***** さん
  • 2017年6月18日 14時41分
  • 閲覧数 376
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

暴虐的な一面を持つ少女が、死んだ母親の日記を見つけて自分の中の潜む狂気に取りつかれていく物語。
特に主人公が十代で自我が不安定な時期だからこそ、この話はリアリティをもっていると思うし、中盤までの不安と衝動に衝き動かされていく様はとても良かった。が、中盤以降、安っぽいSFに出てきそうな化け物が出てくるあたりからがイマイチ。最後に主人公が切りつけた少女に謝りにいくシーンで括ったのはよかったが、あの化け物は興ざめしたところがある。もう少しうまく作れなかったものだろうか。前半がとても期待できただけに、残念感がある。ので、★3。
ミニシアター系のマイナー映画だけに主人公もいまどきあるあるなアイドルという雰囲気の少女ではなく、一見どこにでもいそうな少女だからこそ映えたところはあると思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 恐怖
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ