ここから本文です

THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 ディレクターズカット (2015)

監督
押井守
  • みたいムービー 30
  • みたログ 273

2.86 / 評価:242件

熱・光学迷彩について、

  • inv***** さん
  • 2017年4月4日 11時49分
  • 閲覧数 470
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

アメリカ映画の『プレデター』や『スタートレック』に、見えないステルス技術が出てくる。だが、それらは単に姿を消すだけでなく、消えている間はレーダーにも映らず、かつ敵の攻撃も跳ね返してしまうスグレモノで、その名称は「クローキング・システム」という架空の技術。『スターウォーズ帝国の逆襲』でもファルコン号の反応が消えるシーンでニーダ艦長が「クローキング・システムは持ってないはずだ」と言っている。ただ可視光線を歪めて物を見えなくするだけの単純な装置ではない。現代または近未来で単なる見えないステルスごっこをやっても、かえって漫画っぽい。この作品に登場するステルスAHもクローキング・システム搭載なら手に汗握る展開になっただろうが、レーダーに映るんじゃ元も子もない。現代の対空機関砲はレーダー連動なんだから。戦争の教育が足りないな。『アイ・スパイ』って映画にも見えないステルス戦闘機が出て来たけど、見ての通りあれはギャグだ。根暗ロボットSFで見習うべきネタじゃない。これもギャグなら失礼つかまつるが。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ