ここから本文です

マイ・インターン (2015)

THE INTERN

監督
ナンシー・マイヤーズ
  • みたいムービー 1,824
  • みたログ 1.3万

4.13 / 評価:10130件

色んな世代や立場へのリスペクト!

  • chanrinsham さん
  • 2020年9月12日 20時08分
  • 閲覧数 1489
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

3年ぶりに再見。

主人公ベンは、絶滅危惧種となりつつあるスーツとネクタイを着こなし、人に貸すためにハンカチを持ち歩くダンディな初老の紳士。場面にふさわしいアイテムやセリフがすっと出てくる。

謙虚に自分にできることをしようというだけでなくて、上司のジュールズが評価してくれない助手ベッキーをきちんと持ち上げたりもする。過去の栄光やプライドにしがみつくのでも、どうせ役立たずだと卑屈になるのでもない。自分も年取ったらこうなりたい(でも無理かな…)と思わせてくれる。

ここに出てくるアラサーと70代それぞれにとってはもちろん、バリキャリ女性、一線を退いた育メンや主夫、外部からプロのCEOを雇うべきか悩むスタートアップCEO、能力はあるけれど周囲に敬遠されがちなリーダーなど、色んな立場や世代の人にヒントになるのでは。

突き詰めれば、自分と違う世代や立場の人に対するリスペクトが主題なのかも。これだけの内容を説教臭くなく、見ていてハッピーにさせる感じでまとめているのはすごい!

Jules: Believe me, I am not so fun to work for.
あの、私って上司として一緒に働きたいと思われるタイプじゃないから…。
Ben: That is what I gathered, but I can get along with any one.
どうもそう伺ってます(←この瞬間のJulesの表情に爆笑)、でも私は誰とでもやっていけますから。

監督は、男女の友情も描きたかったとのこと。これは十分な年齢差があるからこそ(危なげなく)成立するネタである。ロスト・イン・トランスレーションを思い出した。

特典映像、デニーロがちょっとインタビューで出てくるけど、七三分けも眼鏡もスーツもなくて、いつものちょい悪おやじに戻ってました笑。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 知的
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ