ここから本文です

二十歳(ハタチ) (2015)

TWENTY

監督
イ・ビョンホン
  • みたいムービー 40
  • みたログ 141

3.73 / 評価:113件

出演の3人とも大いに大らかで結構だったよ

  • fg9******** さん
  • 2017年5月1日 16時33分
  • 閲覧数 846
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …大好きな作品『サニー 永遠の仲間たち』に携ったイ・ビョンホンが監督と脚本を務めたらしいので、ある解説をみると、「2PMのジュノ、そしてキム・ウビン、カン・ハヌルという、韓国若手俳優陣が共演した青春グラフィティ。20歳になった3人の若者の恋と友情をユーモア全開で描く。」とあり、韓国映画はアイドルものも面白いので観てみる。
 …あらすじは、解説のとおり。
 ドンウは絵を描くことだけが取り柄の純情な高校生。
 同じクラスのソミンに好意を抱いていたが、ある日、軟派なチホが彼女の胸を触ったことから大ゲンカに発展。
 そこへ優等生のギョンジェが止めに入ったことで、3人は無二の親友になる。
 さまざまな出来事を経て、3人は高校を卒業。
 20歳を迎え、浪人生のドンウはバイトを掛け持ちしながら漫画家を目指し、チホは新人女優と出会い、ギョンジェには先輩との恋が到来するが……。
 以上のとおりの恋アリ、友情アリ、ちょっぴりH話しもある、青春グラフィティ・ムーヴィーだ。
 自分的には、『二十歳』なんて半世紀近くも前の話しで、出演の3人が兎に角明るくて天真爛漫で眩しかったな。
 オラッチの時代なんて、学校へ行ってみればロックアウトで、日長一日ジャズ喫茶で燻っていたっけな。
 口を開けば、サルトルだのカミュだの、やれシュールレアリスムなどの談義で喧しかったな。
 こんな話しはどうでもよ~ござんすが、誰それの高校生の妹は可愛かったな。
 その彼女がシラッと自○の話しなんかするもんで、オッ魂消た。
 終盤の店内での、ヤケクソ男女入り乱れてのスロー大喧嘩はちょっぴり面白かったな。
 なんせ、自分の息子がもう『二十歳』の倍だもんな。
 こんな感想しか書けないが、出演の3人とも、大いに大らかで結構だったよ。
 一見の価値はありんした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ