ここから本文です
【お知らせ】2019年5月23日(木)14~17時の間、メンテナンスのため一部機能(レビュー投稿・みたログ・みたいムービー・まとめ・お気に入り映画館・Myムービー)がご使用いただけません。ご不便をお掛けいたしますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申しあげます。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア (2015)

監督
今西隆志
  • みたいムービー 71
  • みたログ 540

3.63 / 評価:392件

解説

「機動戦士ガンダム」で不動の人気を誇るシャア・アズナブルと彼の妹の若き日を題材に、安彦良和によるコミックをアニメ化したスピンオフシリーズの第2作。父ジオン・ズム・ダイクン亡き後にサイド3を脱出して地球で暮らすキャスバル・レム・ダイクンとアルテイシア・ソム・ダイクン兄妹(後のシャアとセイラ)と、サイド3で独裁体制を確立するザビ家との攻防の始まりを描き出す。監督と総監督は、今西隆志と安彦良和が続投。新たに登場するキャラクターや、モビルワーカーなどのメカにも注目。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

宇宙世紀0071年。サイド3ムンゾ自治共和国の議長だった父ジオン・ズム・ダイクンを亡くしたキャスバルとアルテイシアは、父の側近ジンバ・ラルと一緒にサイド3を脱出。地球で、エドワウ・マスとセイラ・マスと名前を変えて生活していた。一方サイド3はジオン自治共和国と国名を改め、副議長だったデギン・ソド・ザビ率いるザビ家が実権を掌握。ザビ家はキャスバルとアルテイシアを追いつつ、対地球連邦軍をにらみ、新兵器のモビルワーカーの開発に着手していた。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここまでです このページの先頭へ