2015年12月23日公開

映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年

942015年12月23日公開
映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年
3.6

/ 714

35%
27%
18%
8%
12%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

まる子が暮らしている静岡県清水に、世界5か国の子供たちが訪れる。言葉も違えば、考え方も違う個性的な彼らに、まる子をはじめとするクラスメートは興味津々。その後イタリア人少年のホームステイ先がまる子の家に決まり、家族は大慌て。さらにまる子は、少年からのある一言に驚いてしまう。そして、彼らとまる子たちは、大阪・京都旅行に出ることに。生まれて初めて訪れる町の風景に胸をときめかせる一行だったが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(97件)

泣ける18.9%楽しい18.2%笑える17.9%かわいい14.5%切ない10.1%

  • sky********

    3.0

    ネタバレお別れがあっけない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • カエル

    3.0

    挿入歌

    花輪くんという居るだけで話がどこまでも広がる存在よ… お金どこまで払ってくれたんだろう…とか余計な事を一々考えてしまう ぼ~っと観てられるが突如挿入歌からのティーンドラマの展開に爆笑した ちびまるが初めて少女漫画してた

  • おい丸

    5.0

    久しぶりにめっちゃ泣いた

    人と人のつながり、温かみみたいなものを感じられてすごく感動しました。 ちびまる子ちゃんは幼少期によく見ていた作品ということもあり、童心に返れて笑って泣ける素晴らしい映画でした。 内容が現実離れしている等の意見も見ましたが、そこはアニメーションと理解した上でなら、全く問題なく楽しめると思います。

  • aip********

    2.0

    設定を上手に使えていない。

    コロナ流行っていて時間もあったので鑑賞しました。話は海外の友達と交流をする話です。日常系アニメの映画としてはよくある使いやすいないようです。 ただ日常系アニメの割に脱線した部分が強いですね。まず外国人だけで通常まる子からすると未知との出会いなのに大阪に行ったり、最後にはアンドレアという少年にまる子が仄かな恋心を抱くなど風呂敷を広げすぎていたり、滝川クリステル並みのお・も・て・な・しを言いたいかの如く皆がウェルカムなのも引っ掛かりました。途中大原櫻子さんの盛った挿入歌がまる子を演出したりしていました。ただまる子の売りが日常にいる普通の小学生であるというプロットなのにそれを逸脱してヒロイン化しているのはよろしくないと思います。日常アニメが陥るミスを普通にしてしまった作品だと思います。

  • bpp********

    2.0

    花輪の財力

    花輪君が金出してくれなきゃ成立しない人間ドラマ。 ドラマも感動も盛り上がりも面白いギャグも無い留学生との交流を淡々と見させられるだけ。 有名漫画家だからって常に面白い映画脚本描けるとは限らないだからちゃんとテコ入れしないと駄目。 こんな予算があるなら劇場版サザエさんを作って欲しかった。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


TARAKOまる子
島田敏おじいちゃん
屋良有作お父さん
一龍斎貞友お母さん
佐々木優子おばあちゃん
水谷優子お姉ちゃん
渡辺菜生子たまちゃん
菊池正美花輪くん
田野めぐみ野口さん
飛田展男丸尾くん
中友子藤木くん
茶風林永沢くん
中川大志イタリアのアンドレア
劇団ひとりインドのシン
パパイヤ鈴木ハワイのネプ
渡辺直美ブラジルのジュリア
ローラ香港のシンニー
高橋克実りょう
森迫永依アンドレア(幼少時代)
亀田誠治アンドレアの父
大原櫻子アンドレアの母
トータス松本大阪のオッサン
間寛平なんば花月芸人
中田カウスなんば花月芸人
中田ボタンなんば花月芸人
笑福亭仁鶴なんば花月芸人
軽部真一灯籠流しの係りの人
笠井信輔上野のお巡りさん
永島優美スパゲッティ屋の店員
関純子大阪のおばさん
山本圭子山田くん
ならはしみきみぎわさん
沼田祐介大野くん
真山亜子杉山くん
浦和めぐみ前田さん
川田妙子とし子ちゃん
永澤菜教ブー太郎
陶山章央山根くん
菅沼久義マーク
掛川裕彦戸川先生
園部啓一野口のじいさん
田中一成隣のオヤジ
西脇保たこ焼き屋のおじさん
真地勇志マルコ

基本情報


タイトル
映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日