レビュー一覧に戻る
映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生
2016年3月5日公開

映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生

36th DORAEMON THE MOVIE: NOBITA AND THE BIRTH OF JAPAN 2016

1042016年3月5日公開

高柳直温

4.0

ネタバレなかなか良いリメイク

やはり原作が良いだけあってクオリティの高い作品となっている。ラストシーンでのび太がペガ、ドラコ、グリと別れるシーンはオリジナルより演出が良い。ただ、別れを惜しむだけでなく、ペガらそれぞれに少ないながらもエピソードが追加され、感情移入がしやすくなっている。T.Pボンのキャラクターが出てきたのもファンサービスとして嬉しかった。 ギガゾンビとドラえもん達の戦いが新たに追加されたが、ドラえもんの「偽物の歴史が本物の歴史にかなうはずないんだ!」というシーンは感動した。ククルが亜空間破壊装置を壊すのは無理があると気になったが、「まあしょうがない」程度で済んだ。 全体的に序盤、中盤は原作に忠実な内容で進む。しかし、後半は多少違う場面がある。 例えばママが登場する場面は子供と一緒に観に来た母親なら共感できたことだろう。 さらに後半、大きく原作と違うのはタイムパトロールの登場のしかただろう。従来はタイムパトロールはマンモスに化け、のび太を助け、のび太にギガゾンビの基地の潜入捜査をさせるという展開だった。個人的には「えっ?子供に捜査させるの?」と困惑した場面だった。それに対して今作はドラミが活躍する。ギガゾンビの手下の「ツチダマ」という存在が23世紀のものだと発覚したので時空犯罪の可能性が高いと判断し、タイムパトロールが捜査に来たという展開になっている。個人的にこの改変はいらないと思った。確かに子供に潜入捜査をさせるのはおかしいと思うが、地下に隠された基地がそう簡単に見つかるのか?という疑問が新たに残り、根本的な解決にはなっていないと思った。後、ドラミを出さないといけない風潮が気に入らない。毎回意味のない場面で出てるよね…。 不満も無くはないが良作ではないだろうか。ドラえもんって泣かせる映画だったか?と最近思うが、それが新世代のドラえもんなら特別嫌ではない。むしろ良いと思う。

閲覧数1,324