レビュー一覧に戻る
映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生
2016年3月5日公開

映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生

36th DORAEMON THE MOVIE: NOBITA AND THE BIRTH OF JAPAN 2016

1042016年3月5日公開

kyabe2

2.0

盛り上がりに欠け、内容は薄い

芝山努監督作で育った世代からすると、違うなあという気持ち。 何が違うのだろうと、見ながら考えてみたが、作風の違い。 ドラえもん像、のび太像の変化。 それに加えて、最後は敵を倒すの正義のヒーロー物と化してしまうこのパターン。 旧作見てたら、こんな作品できるはず無いと思うが、新作になって、みんなこんなパターンの作品作っているのが、おかしくてならない。 戦って勝つ? まずは平和を訴えて欲しい。 それに、ドラえもんは科学的な話。 それから、家庭的な話。無邪気な中年の母親のように。まさに大山さんのイメージ。 物語のスケールもでかい。 物語はテンポよく回る。 長たらしく、周辺雑事ごとをこまかにやらない。 内容が濃い。 ドラえもんは、環境破壊や、戦争、地球温暖化、人口増加などなど、この世には多くの問題があって、ドラえもんはこの先の未来に明るいものが待つと思わせてくれる存在。 現代に合わせてリメイクしたのは、そんな世相を反映するためではなかったのか? どこでも見る戦闘ゲーム、テレビのヒーロー悪者退治の話を見せるために、リメイクしたのか? 作品がとてもつまらない。 こんなていたらくでは、もう時代に合わないからという旧作のほうが、時代に合っている。時代を超越している。 新作の、こちらのほうが、古臭い。 そもそも、新作にしなければならないと、こんなドラえもん、のび太像を登場させる新作を作り出した時点で、何か思い違いや、間違いがあったのでないか。 この映画だって、リメイクしてからもう何年も経ってるから、このキャラとか世界感とか、これを作ったこのときの製作チームには責任がないかもとは思われる。 藤子富士雄氏は偉大。旧作映画も偉大。 新作は、古臭く、壮大な世界感を退化させるばかり。 この作品は、最後は戦いメインになるが、それ以外は旧作の流れを踏んでいて、そこを変えてない点は良かった。 この作品は背景も良かった。 ただ、家の中の様子とか、ぜんぜん。 新作はたいてい、絵の画力も低い。 ただ、リメイク前に戻して、旧作をただそのまま使うだけで、済んだ話でないか。 旧作をただ引き継いで、新しい話を作れば良かっただけでないか。 この間違った方向に進んでいる流れを歩むのを止める、それも勇気だ。 かのスターウォーズではないが、方向転換をすべき時かと、思われる。 旧作をただ引き継ぐ。それだけで良いと思うが・・・? あえて変える必要なんて、無かった。余計な気遣い無用。

閲覧数1,742