レビュー一覧に戻る
映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生
2016年3月5日公開

映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生

36th DORAEMON THE MOVIE: NOBITA AND THE BIRTH OF JAPAN 2016

1042016年3月5日公開

01

4.0

ネタバレ旧作と

大山ドラと水田ドラの切り替え世代のドラえもん大好きな高校生の僕が観てきました。 日本誕生は小さい頃、ビデオで何十回も観た思い出のある映画です。 新鉄人兵団の時のひよこみたいにリメイクされてたらどうしようとか思いましたが、監督が大魔境の時と同じ監督だったのでその不安は無かったです。 感想として、とてもよかった! 昨年の宇宙英雄記が酷すぎてもうドラえもんは観に行かないと決めていたのですが、大好きな日本誕生ということで、観に行きました。 良かった点 のび太の遭難シーンがT・Pのマンモスではなく、ペガ、グリ、ドラコだったこと のび太の母目線も描かれていたこと ペガ、グリ、ドラコの存在感 最後のギガゾンビとの戦闘シーンがしっかり描かれていたこと ギガゾンビが強かった(旧作はただのおじさんだったから) 悲しかった点 ツチダマが全く怖くないこと ツチダマがたくさんいるのに存在感の薄さといったら…(笑) 翻訳コンニャクが醤油味に…しかも団子みたいでコンニャクに見えない ドラえもんが神隠しを話すシーンが全く怖くないこと T・Pの署長さんが女に!! おじさんじゃなくなってた(笑) キャラのタッチの問題もありますが、全体的に怖さが緩くなったイメージ 小さい頃観た暗い雰囲気があまりなかったので、小さい子も安心して観れるのではないでしょうか。 旧作では最後、ペガ、グリ、ドラコと触れ合いがあんまりなく、最後別れのシーンがあまり印象に残らなかったのですが、新作ではペガ、グリ、ドラコとのび太の触れ合いがしっかりと描かれていて、別れがとても感動しました。 (まあ、空想サファリパークにはいつでもいけるのでよく良く考えればそんな感動するものではないのですが) 最後も旧作では、T・Pが最後を全て持っていってましたが、今回はみんなで力を合わせてギガゾンビをやつけるという展開→T・P逮捕だったので、とても清々しかったですね! とりあえず旧作の反省点をうまく新作で改変出来てたと思います。 細かく描かれていてわかり易かったのが印象的でした。 改悪ではなく、良い方向に改変されていたと思います。 旧作よりもわかりやすくて私はよかったのではないかと思います。 新ドラえもんのオリジナル作品は酷いものばっかりですが、日本誕生は話を原作者が考えているのでやっぱりちゃんとしてましたね。 (まぁ、話があるものを酷く改変する方が難しいと思います(笑)) 今のドラえもんスタッフはオリジナルを作る技量が低すぎて、リメイクがあまりに良すぎてしまいます。 来年の予告は南極にドラえもんがいたので、オリジナルなのではないかと思いますが、今までのオリジナルで良いものがないので来年は期待しないことにします。 舞台が北極らしき場所で最後にドラえもんがクシャミしてたので某ねずみのア○雪を意識して作るのかなとか思いましたね(笑) とりあえずリメイクの中で一番よかったです。

閲覧数175