レビュー一覧に戻る
信長協奏曲(のぶながコンツェルト)
2016年1月23日公開

信長協奏曲(のぶながコンツェルト)

1252016年1月23日公開

Barca2009

3.0

ネタバレ肖像画は全く嘘を描くもの…だったら面白い

ドラマから一気に映画版へ。歴史大好きな自分でも漫画鑑賞気分である程度楽しめた。信長が偽物なら、秀吉、光秀も偽物、微妙にパラレル感を想起させる塩梅のニア史実なストーリー。ここまで考えた原作者??は楽しかっただろうな。最後は光秀になるサブロー、無傷ではなく首は斬られたのだから、都合が良すぎた感はあるかな。まさかの帰蝶のビデオレターも微笑ましい。ドラマ版から山田孝之はスゴい芝居だった。柴咲コウは徹底してブレない可愛い芝居で個人的に好みでした(笑)何やら原作漫画とかなり違うようで、気になる。 肖像画のイメージがあると特に光秀が顔を隠していたり、山田孝之が猿という部分が残念だなと思っていたが、冒頭で信長の肖像画が全く違う画で書かれるシーンがメッセージのように感じた。 採点:3.7

閲覧数593