ここから本文です

人生の約束 (2015)

監督
石橋冠
  • みたいムービー 271
  • みたログ 1,456

3.38 / 評価:1,156件

人生は、失くしてから気付くことばっかりや

  • fg9***** さん
  • 2017年4月12日 14時07分
  • 閲覧数 1636
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …あらすじは、解説のとおり。
 敏腕CEOの中原(竹野内豊)は、業績を上げるためならいくらでも非情に徹し、自ら創業したIT企業を拡大させてきた。
 ある日彼の携帯電話に、ともに起業しながら半ば社を追い出す形で決別した親友・航平から何度も着信が入る。
 最初は無視していた中原だが、妙な胸騒ぎを覚え、航平の故郷・富山県新湊へ急ぐも、航平はすでに他界していた。
 航平の義兄、鉄也(江口洋介)から非情さをなじられる中原だったが、航平の娘・瞳(高橋ひかる)が中原に一つの頼み事を申し入れるのだった。
 その頼み事とは、曳山まつりに山車を曳く権利を隣町に奪われてしまったので、それを取り戻して欲しいということだった。
 その交渉を航平が懸命になって行っていたが、志半ばで他界してしまったのだった。
 で、友の意を汲んで隣町の責任者に会いに行き、非常な敏腕CEOらしく金をチラ付かせたもんだから、相手を激怒させてしまうのだった。
 この時の柄本明は凄まじいまでの怒りようで度肝を抜かれたっけな。
 で、中原は、亡くなった航平との思い出の事、祭りの事などを「友よ」というタイトルで綴ってネットにアップすると、それが評判となり、遂には航平の娘・瞳の頼みを叶えることとなるのだった。
 俳優陣は、上記の他に、西田敏行、優香、小池栄子、美保純、市川実日子と豪華だったが、清楚で透明感のある高橋ひかるお嬢ちゃんは見飽きなかったな。
 で、調べてみたら、第14回全日本国民的美少女コンテストのグランプリに輝いたとあった。
 今後、ブレイクしそうだな。
 でも、何故、航平のことを「あの人」と呼んでいたのか解からんかった。
 本作のテーマは、西田敏行が呟いていた次の言葉だろう。
 「なくしてから、気付くことばっかりやなぁ……人生は……」
 使い尽くされたテーマだが、ラストの祭りのシーンとともに竹野内豊の頬に伝わる一筋の涙は一見の価値はあったかな。
 あっ、そうそう。
 ビートたけしが2シーンだけ出ていたが、それだけでも存在感があったな。
 いやいや、やっぱり本作においての目玉は高橋ひかるお嬢ちゃんだ。
 彼女の将来性に☆一つプラスしちゃおう!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ