ここから本文です

BLACK ROOM (2014)

監督
辻岡正人
  • みたいムービー 3
  • みたログ 22

2.11 / 評価:19件

最後、泣きそうになった

  • wav***** さん
  • 2015年9月28日 10時21分
  • 閲覧数 1529
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

自主製作というのがいまいちわからないが、監督がすべてやっているのなら【天才】なんだと思う。
髪型や衣装やどうも手作り感的な「あれっ?」と思うようなところもあったけど、トータルとしては『カンヌを震撼させた!』ってのは誇大広告ではなくて、本当かもしれない。
清住を自宅に監禁するプロセスは暴力的でなく、うまいこと電話で誘導するなあと感心した。『観客が嘔吐』とか報道されてたが、グロやエロ要素もあんまりなくて、ちょっとガッカリ。
けど辻岡正人の演技が頭おかしいんじゃないかと狂い過ぎていて、グロとかエロとかどうでもよくなるほど引き込まれた。清住(夕樹ゆう)はもっと悲惨さとか、かわいそうだなあと思うような演技して欲しかった。神堂(朝霧涼)が棒読みで下手くそすぎて残念。脇役はみんな良かっただけにメインの二人が残念。
ラストシーンが切断され障害を抱えて車イス生活とか、清住の心の中の本当の気持ちとか、女の表裏の描き方が凄くて、それを介護する旦那の幸せそうな顔を見ると、切なくて泣けてきそうになった。
映像や音楽も迫力満載で、「本当に監督一人で作ったのか?」と思った。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ