2015年11月14日公開

ペンギンズ from マダガスカル ザ・ムービー

PENGUINS OF MADAGASCAR

922015年11月14日公開
ペンギンズ from マダガスカル ザ・ムービー
3.9

/ 220

38%
30%
22%
5%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(31件)


  • arl********

    4.0

    軍隊バカの角刈り隊長

    ペンギンズ大好きです。TVシリーズのDVDも全部(かな?)持ってます。ちょっとおまぬけだけど勇敢で男らしい角刈りの隊長。でも非常に危険な専制思想(妄想)を持っていて暴走しそうになります。新人がいつもそれを中和しよう(暴走を止めよう)としていますが、なかなか大変です。リコもコワルスキーも無頓着(というかこの2人も軍隊バカ)ですし。 子供たちがこの作品を見て隊長の危険思想に感化されなければいいが、と強く思っています。分かりやすく言うと、例えば「隊長が全住民の家にカメラを取り付け24時間監視することを命令する」というようなことははっきり悪いことだ、と描いてほしいということです。新人は「それは良くないと思うけどなあ」みたいな感じでやんわり反対するんですが、上官の命令には逆らえないところがあるんですよね。新人は弱虫だからそういうふうに思うんだ、って子供が勘違いするといやだなあ、と思うんです。 とまあ真面目な話は擱いておいて、隊長の変装に隊員みなが簡単に騙されてしまうところでいつも笑います。

  • ko_********

    4.0

    気軽に観れる作品

    4羽のペンギンが、自由に動き回るコメディアニメ。 軽い感じで観ることができてとても楽しめた。 映像もとても綺麗。 見終わった後にどっと疲れが出てくる重さは全くなく、気軽に観れる。 4羽のペンギンもそれぞれ個性があり、面白かった。

  • min********

    3.0

    ネタバレ3.6くらい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yos********

    4.0

    展開が早い、小旅行

    とにかくポンポンと展開し観ていて飽きない。 この早さに子どもはついていけてるのだろうか と心配になる。 カラフルな映像に、世界各地をチョコチョコ 掻い摘んで見られるのは楽しいが もう少しじっくり見たい気もする。 表情が豊かな動物たちに たまにクスっとさせられながら 大人も十分楽しめる作品である。

  • ru3********

    3.0

    弱い

    ペンギンズのさらなる活躍を期待したけど、なんだか活躍が薄く弱い。もっと強くカッコよくあって欲しかった。物語ももっとぶっとんでて欲しかった。 マダガスカルでカッコよかったペンギンズがあんなタコに追い詰められるとは考えにくい。

  • 桜姫マカロン

    5.0

    さすが、ペンギンズ!

    映画館で見ましたが、もう涙が止まらない!おまけに声優も豪華! アニメも最終回を迎えても何度も帰ってきてますからね…。ペンギンズを知らないことがもったいないですね。 可愛すぎてたまんないです。名言連発ですよ!?神作ですね。 展開が予想不可能で、笑いあり涙ありの映画です

  • カーティス

    4.0

    いいキャラしてるぜペンギンズ!

    『マダガスカル』のわき役から始まり、テレビシリーズを経てついに映画の主役になったペンギンズ。『マダガスカル』もテレビシリーズも大好きなので見てみてのですが、期待を裏切らない出来。 キレのある小ネタで笑い、無茶苦茶なアクションシーンでまた笑い、ペンギンズの程よいかわいらしさに癒される。そんな1時間半。やっぱいいキャラしてますね、ペンギンズは。 強いて文句を言うとすれば、ゲストキャラのノース・ウィンドの面々があまり魅力的ではなかったこと。もっと面白味のあるキャラだったらもっと良かったのですが。 ペンギンズが好きなら満足できる出来だと思います。2作目とかやらないかな…

  • aru********

    3.0

    ドタバタ増量

    『マダガスカル』シリーズに登場するペンギンたちのスピンオフ作品。 動物園で人気がなかった事を妬み、ペンギンに復讐しようと考える悪いタコが敵。 そしてタコを追うスパイ集団・ノースウインドも現れ・・ キビキビ動くペンギンズのアクションが良いですね。 『マダガスカル』シリーズではちょっとしか見られなかったので、1作まるごと見られる本作は楽しみでした。 ところが見てみたら、そこまで楽しめませんでした。 よりシンプルな構成で、ドタバタに終始します。 ペンギンの中の最年少が、自分の存在を認めてほしいと行動している面はありますが、それは一部です。 『ミニオンズ』も同じ感じで楽しめませんでした。 たぶん好みの問題でしょう。 ストーリーを理解できなくても、動きの面白さがあるので、小さいお子さんには良い気がします。

  • こてつ

    4.0

    本編から飛び出した勢いそのままに!

    マダガスカルのスピンオフ作品ではあるが、本編より面白いという不思議な作品。もともとマダガスカルを観た時から、本筋の物語より別行動しているペンギン達の方が面白くて気になっていた。 脇キャラが人気で独り立ちした作品といえば、最近でいえば「ペンギンズ」と「ミニオンズ」がある。どちらも単独で映画化されるほど人気が出たが、映画のクオリティには雲泥の差がある。 もちろん今作の圧勝である。ミニオンズがキャラの可愛さだけを売りにした中身のない「只の映像作品」であるのに対し、今作はペンギンズの魅力を最大限に活かした完成度抜群の「映画」だ。 それぞれのキャラに合わせた役割があり、物語は二転三転して先を読ませない。セリフや動作の一つ一つに笑いのセンスが感じられ、観る者を飽きさせない。ペンギンズ自体が可愛くて面白いので、軽く笑えれば儲けものかなと思い見始めたが、いつの間にか物語に引き込まれている自分がいた。 ペンギンのドキュメンタリーを撮影しているクルーが演出の為に赤ちゃんペンギンを◯◯したり、物語のキーアイテムが有害成分の問題で販売中止されたチーズディブルズだったりと、笑いに紛れて人間のリアルな暗部をチクリと突いてくるセンスは大人向けとも言えるレベル。 ただのスピンオフ、ただのCGアニメと侮るなかれ。なかなか見応えのある娯楽作に仕上がっていた。

  • みくRMC

    5.0

    リコのう◯ちは青だった…

    地上波で放送してた頃から好きで観ていたので、けっこう期待していました。 やっぱりおもしろいです、ペンギンズ! 今回、コワルスキーとリコ、モートとジュリアンの声が変わってます。(ちなみに英語版は隊長、モート、ジュリアン以外ほぼ全員変更)主にギャグ担当は隊長なのであまり違和感ありませんでしたが、個人的にコワルスキのトボケっぷりとリコのぶっ飛んだアドリブが好きだったのでちょっとだけ残念。ただ、翻訳スタッフが同じなので面白さはお墨付き。 ブンデスリーガのくだりはどうしてそうなった(笑)ペンギンズのスタッフ天才過ぎか。 英語版のキャストもすんごい豪華。ペンギンズのライバル(?)ノースウィンドのリーダーにベネディクト・カンバーバッチ、ある理由から全てのペンギンに恨みを抱くドクター・オクトパス役にジョン・マルコヴィッチ、カワイイ生き物大好きなシロクマのコーポラル役にピーター・ストーメア(「コンスタンティン」のサタン役で有名)など、意外すぎるキャスティング。 Dr.オクトパス側、ノースウィンドともにキャラクターが個性的で楽しい。テレビ版ジュリアンの佐藤せつじさんが吹き替えるアザラシのフューズは、可愛い見た目に反して毒舌。コーポラルなんか、ちょっとペンギンへの愛がすごすぎてオネエみたくなってたし(笑) ていうかコーポもそうだけど、今回みんな愛情表現が強烈です。隊長とかそんな新人大好きだったっけ?と思ってしまった(^∀^; コワルスキが惚れっぽいのはいつものことですが今回もクールビューティなロシア系美女フクロウのエヴァに一目惚れしてます。 他にも、日本語版はモート、ジュリアン、マリーン、アリス、メイソンなどのテレビ版の吹き替え声優が出てるのに違う役を担当してるのが不思議でした。どういう事情だろ?でもこれはこれで楽しめたけど。 字幕のほうもけっこう面白かったです。「Crikey!」を「うそやん」の一言で済ませてしまうところになんか笑ってしまいました。 ペンギンを誘拐しまくるDr.オクトパスは終始ハイテンションにも関わらず本名をぜんぜん覚えてもらえないという不憫。 あと、なぜかセリフの中に俳優のダジャレを混ぜ込んでくるというよく分からないボケをかますのが特徴。私が名前わかったのは10人だったけど、もっとあったのかな?シャーリーズ・セロンとかケヴィン・ベーコンは吹き替えだと気づかないかも。あとロビン・ライト(ショーン・ペンの元奥さん)とかは知名度的に解りにくいかもしれませんね~。いやーこんなオタクでもたまにいいことありますね(笑)ちょっと嬉しかった。 テンポもよく、全編通して笑えます。ただテレビ版よりもちょっとだけ、子供にマネしてほしくないところ(下ネタとかクリップ飲み込んだりとか)がけっこう出てきます。これは日本で例えると「くれよんしんちゃん」みたいな感じなのかもね(笑) 観た事無いけど。 てか新人のポジションが完全にヒロインですよね(笑)マーメイドペンギンとかちょっと引いたなー… あと、わんこ可愛いね。(※出てくるのはオオカミです!)

  • yok********

    4.0

    はちゃめちゃ過ぎて面白い。

    展開がもうめちゃくちゃで、湿っぽいお涙もなく、まぁ、お涙もギャグにしちゃってる。とにかく、お気軽にゲラゲラと笑うには最高の作品。

  • sho********

    4.0

    ネタバレキャラ立ちペンギンズ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mon********

    4.0

    前半めっちゃ面白かったが後半失速

    マダガスカルシリーズもTVアニメのペンギンズもデザインとキャラが大好き。 冒頭から中盤、そしてオチはドキドキして最高。でも話がシリアス寄りでいつもの調子が外れたし、後半内容が薄い。ペンギンズも全員は活躍できてない。マダガスカル3も後半メインキャラが置いてけぼり不満だったのを思い出した。正直ドリームワークスの長編アニメはあんまり話が練られてない気がする。 ペンギンズTVアニメのスペシャル「続・ドクター・シオフキーの逆襲」を映画化して円盤出して欲しいw 他の方も言っているが裏テーマ「人間は可愛い物だけを守る」 人間の邪悪は決して指摘されず陰湿な復讐を「悪人の悪事」の形で受ける。 「いいから、人間が憎いとスバリ言ってくれ」と見てる途中で何度も思った。 ギャグで一貫してくれればその辺ウヤムヤでも良かったのに変にシリアスになるから悪人にも感情移入してしまった。 そのへんで、途中から主人公サイドと視聴者で気持ちの剥離が起きたのかも知れない。

  • xyt********

    3.0

    評価3.80

    面白かった

  • tan********

    4.0

    ネタバレなぜ映画だと声優を変えてしまうの?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nuk********

    4.0

    ニコラス・ケイジを聞き逃すな(字幕)

    ドリームワークスのアニメ映画「マダガスカル」シリーズのスピンオフ映画。 マダガスカルの中でも独特の存在感を出していたペンギン4羽組がテレビアニメシリーズでのスピンオフを経て、今回はフィレンツェ、上海、ニューヨークなど世界中で大活躍する映画版です。時期としてはマダガスカルの4匹組が旅を続けている時なので動物園を舞台にしたテレビシリーズを観なければ設定等わからないということはありません。 南極で出会った隊長、コワルスキー、リコ、新人の4羽は流氷に乗って旅に出ることに。協力し合ってピンチを切り抜けてきたペンギンズですが、新人だけは隊長、コワルスキー、リコのあいだでマスコット的存在として可愛がられているので重要な任務をさせてもらえません。ペンギンは自他共に認めるかわいい生き物ですが、新人は外見や仕草だけでないところで認めてもらいたいと思っているところに今回のテーマありました。 そんな中ペンギンに恨みを持っているタコの科学者デイヴの悪だくみを知った4羽はスパイ組織ノース・ウィンドの助けを借りて、世界中で人間顔負けの科学力と行動力で大暴れ。 ノース・ウィンドのメンバーもオオカミ、アザラシ、シロクマ、フクロウとかっこかわいい面々。特にリーダーのシークレットはかっこよくキメることを大事にしているキャラで、新人との対比を上手く出していました。 ちなみにシークレットの声を演じているのはベネディクト・カンバーバッチ!ブレイクした彼の最近の仕事では引き立て役って珍しい気がします。 そして悪役デイヴを演じているのはジョン・マルコヴィッチ! ペンギンズを怨む動機と復讐のための努力にちょっと同情を感じてしまうほど魅力的な悪役です。作中ニコラス・ケイジ、イライジャ・ウッド、ロビン・ライト等々、有名人の名前をもじった台詞まわしがあるので字幕で観るのも面白いですよ。英語の苦手な私でもそこは聞き取れました(笑)。 シークレットをイライラさせてしまうほどマイペースなペンギンズの可愛らしさと面白さ、リズムよくサクサク進むストーリー展開がこの映画の魅力。また終盤仲間のために隊長や新人がとった行動はジンと来るので見どころです。 ペンギンズの決めポーズは何度みても飽きないですね!

  • abu********

    3.0

    テンション高めのペンギンたち

    テンポが良くて単純な話なので、何も考えずに見ることのできる、 いわば子供向けのCGアニメ。 恥ずかしいダンスでタコたちを外におびき出すシーンとかペンギンズたちの おとぼけ漫才的なノリとか笑えるシーンもいつくかありました。 ただ、やっぱりピクサーとかのCGアニメと比較すると、内容的にも映像的にも 劣ってるなというのが正直なところ。

  • akk********

    5.0

    痛快!本家よりオモシロ〜い(^○^)

    映像もじっくり楽しみたくて吹き替え。 テンポよし、脚本よし、キャラよし、一瞬たりとも飽きることなく鑑賞。 大人でも子供でも笑える要素がいっぱい。 楽しい、のひとこと。 アニメだからってなめてごめんなさい、クオリティの高さに終始感激でした。 ミニオンズより、何倍も好き(笑) オススメできない理由が見当たらない退屈しないアニメでした。

  • lvp********

    3.0

    まぁまぁでした

    TVシリーズのペンギンズとは別物として見た方がいいかもしれない。 これを真っ先に見たい人はペンギンズのファンが多いと思うんですよね。 私もマダガスカルも大好きだけど、何よりペンギンズが大好きです。 TVシリーズで吹き替え版にハマっていて最近はDVDでもわざわざ吹き替えで見てしまうほど。 見る前からペンギンズの声優さんとは違うと知っていたけれど、セリフの多い隊長と新人は同じ。そこまでやるならリコとコワルスキーも同じにしてくれたらもっと違和感なく入り込めたのにな。。 佐藤せつじさんが別の役で登場するならちゃんとジュリアンの声にしてほしかったですね。出番が少なかったからまだ助かったけど。 赤ちゃん時代から4匹一緒にいるというTVシリーズとは食い違う話になっていますが、そこは気にしない方が良い。 テンポやアクションは良くて1時間半がアッと言う間。全体的に子供向けな感じですが、期待し過ぎた分結構おもしろかったという感じです。 かわいい者だけが愛される。復習を果たしてもどこか虚しい。この隠れた裏テーマに気付いた子供はどれだけいるだろうか? 第二弾やる場合は是非ペンギンズの声優陣でそろえてほしいです。事情があるのかもしれないけれど、ジュリアンの声なんて佐藤せつじさん以外ありえないですから。

  • たぬちき

    1.0

    それなりに楽しめるだろうと思ったら…

    娘と早朝に観てきました。評価もそんなに悪くないのでまあそれなりに楽しめるだろうと予備知識なしで鑑賞。まあ〜びっくりするぐらい自分には合ってないのかクソつまらなかったですわ。最初から最後までくどくてつまらないアメリカンジョークを聞かされ続けた感じで、中盤以降は一秒でも早く終わってくれ〜と願うばかり。終了後に真っ先に娘に「こんなクソみたいなつまらん映画に誘ってスマンかった。」と謝るとキョトンとした顔で「まあまあ面白かったヨ」とのことなので、ただ単に自分の感性との相性が最悪だっただけかも…。そういえばドリームワークスの映画って「ヒックとドラゴン」以外は全部合わない事を思い出しました。今後注意せねば…。

1 ページ/2 ページ中