レビュー一覧に戻る
ペット
2016年8月11日公開

ペット

THE SECRET LIFE OF PETS

872016年8月11日公開

bakeneko

5.0

ネタバレギジェット無双!(ポメって勝気だよね~)

「怪盗グルー」=「ミニヨン」シリーズでナンセンス&スラップスティックアニメーションを暴走するーイルミネーション・エンターテインメントの新作で、アクシデントに拠って居住していたアパートから遠く離れてしまった2匹の犬の帰路を探しての冒険と、同じアパートに住むペット仲間たちの救出作戦をNY街&地下道中を駆け巡って見せてくれます。 それぞれの動物のキャラクターが強烈に個性的で、様々な種類のネコ、犬、モルモット、鳥…たちが特徴を生かして活躍する様子は動物好きでなくても身を乗り出させてくれます。 「ズートピア」の様な”擬人化した動物のいい話”ではなくて、それぞれの動物のありのままの習性をディフォルメしている描写とハチャメチャなスラップスティック&ブラックなユーモアで暴走していくアニメーションですので、”感動したい&お子様の情操教育に役立てたい”方は眉を顰められるかもしれませんが、”徹底して教訓のないドライな笑い”の潔い無意味さは快感であります。 お子様は素直に動物たちの大冒険を共体験できますし、大人の観客は挟み込まれる映画の名シーン(ソーセージのレビューシークエンスは1930~40年代のバスビー・バークレーミュージカル!)&セリフ(”Nobody is perfect!”は「お熱いのがお好き」のラスト締めセリフ)や都市伝説(捨てられたワニの子が巨大化して下水道にいる―「アリゲーター」+レジスタンスが下水に潜む「地下水道」)などを深読みすると楽しい作品で、ペット動物達が協力して家路をたどるお話は「三匹荒野をゆく」や「家路」の系統でもありますし、そもそも映画の原題”The Secret Life of Pets”もアメリカの青春TVドラマシリーズ”The Secret Life of the American Teenager(2008-2013年)”のパロディですよ! ねたばれ?-登場動物の名前について 1、大活躍の女の子の”白ポメ”の名前:ギジェットは、1957年にベストセラーとなったフレデリック・コーナーの小説「ギジェット(邦題:夏の終わりの恋)」のヒロインからきています。1959年にサンドラ・ディー主演で映画化、さらに、『ギジェットは15才』という題で、1965~66年に当時18歳のサリー・フィールド主演でTVドラマも作られました(ー日本では1970年5月30日から同年9月26日までTBS系列 (JNN) で毎週土曜 19:00 - 19:30に放送されていて、ギジェットの声は太田淑子さんでした)。 マリブの海でサーファー達にと出会った夢見がちな少女ギジットが彼らの奔放なライフスタイルに刺激され、恋に落ち、大人へと成長していくというストーリーで、小柄ですが快活でチャレンジャーなヒロインという意味で、「ガール:Girl」+「小柄:ミゼット=Midget」=「ギジェット:Gidgit」のニックネームができました(ポメの女の子にピッタリ!)。 2、レッドホークのティベリウスの名前は、同じ名前のローマ帝国の第2代皇帝(在位:紀元14年 - 37年)に由来しています(ーローマ帝国の紋章が双頭の鷲ですから)。 嫁や側近に裏切られたこともあって疑心暗鬼に駆られたことが治世終盤の恐怖政治&粛清を生んでで孤立し、”77歳の病没の際に彼の死はローマ市民の歓呼をもって迎えられた”―と記された孤独な皇帝でした。

閲覧数870