ここから本文です

ワイルド・マックス (2015)

ISOLATION

監督
シェーン・ダックス・テイラー
  • みたいムービー 3
  • みたログ 66

1.67 / 評価:49件

あまりのひどさに呆れるばかり

  • wxj***** さん
  • 2020年8月10日 16時49分
  • 閲覧数 510
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

これは本当にヒドイ。ここまでつまらない作品は久しぶり。
もう、レビューせずにはいられない、最低最悪の作品。

冒頭、ボートで自然豊かな島に辿り着いた、1組のカップル。
しばらく散策していると、こじゃれた家に辿り着く。

素敵だな~、と入っていくと、住人の男性に見つかって脅され、そそくさと退散。

そして、なぜか訳アリ?で、夫婦仲が微妙なクレイトンと妻リディアに物語は移る。

2人は関係を修復するため、クライアントから借りた別荘で、バカンスを過ごすことに。とても豪華な別荘で、静かな島でのんびりと過ごす二人。

2人っきりで過ごす時間に、非日常が詰まった空間と解放感に癒されていく。
徐々に、互いにかつての想いを取り戻していくのだった。

大半が、この夫婦がいちゃついているところばかりで、超退屈。
アクションでも何でもないし、事が起こりだすまでがウダウダと長い。

夫婦に一時的に距離が出来た原因は、さぞ何か重要なことがあったんだろうか?
そんな勘繰りをしながら見進めていくと。。。

海岸で、島の住人のウィリアムという男性に声をかけられる。
先ほど、カップルを追っ払った怖そうな男で、どこか胡散臭い。

妻メアリーの食事は絶品だからと、自宅でのディナーに招待される。
2人は戸惑いながらも、ご馳走になることにする。

お酒が入り、会話も弾み、すっかりご機嫌となった二人。
楽しいひと時を過ごし、酔っぱらって別荘に帰りつくと。

空き巣に入られ、室内が荒らされ、パスポートやお金が盗まれていた。
自分達を誘い出したウィリアムの仕業だと、怪しむのだが。

通報しようにも、携帯の電波が入らず、電話も繋がらない。
繋がる場所を探して困っているところで、冒頭のカップルと遭遇。

男性のマックスは、ひとまずボートを出してクレイトンを連れて行ってくれる。
女性のニナは、リディアと共にお留守番。

ここで、なぜか互いの結婚観や恋愛観について語るのだが。
距離が出来た原因は、クレイトンの過去の浮気と判明する。

何のひねりもなく、そのまんまというか、その程度の理由かいっ!という。。。
てっきり、もっと衝撃的な何かがあったのかと思いきや、拍子抜け。

さらに、突然海上で襲われ、海に落とされてしまうクレイトン。
一体、何が目的なのか?なんでこんな回りくどいことをするのか?

この時点で、泥棒の正体はこのマックスとニナだと分かるのだが。

泳いで辿り着くって、どんだけ・・・。しかもあの状況下で。。。
運がいいのか、よっぽど水泳が得意なのか、あり得んけど。

リディアはマックスに襲われ、なんとか逃げ出して森に逃げ込む。
助けに来たクレイトンと共に、死闘を繰り広げる・・・のですが。

ド派手なアクションなど何も無く、武器も拳銃だけという地味なシンプルさ。
ハラハラドキドキ感もなく、しょーもない逃亡劇と攻防戦が続く。

そして、なんとか生き残った二人は、島からの脱出を懸けボートに乗り込む。

ホッとしたのも束の間、マックスがボート内にひそかに潜んでいて・・・。
突然、襲われてしまうのだが。

あんな小さいボートで、どこに隠れていたのか知らんが、見つからないって。
ツッコミどころ満載だし、ご都合主義も満載だし、あり得んだろ。

幕切れもあっけなくて、はっ、これで終わり?!と逆にビックリ。

命を狙われ、命がけで戦った夫婦の、修復と再生の物語なんだろうか?
夫婦の愛と絆を描くには、なんとも中途半端で全く面白くない。

戦いのアクションの迫力や緊迫感もないし、どうにも盛り上がらない。
そもそも、マックスって何者で、目的は何なの?!

中身は薄いし、テーマはブレブレだし、リアリティもないし。
宣伝文句とのあまりの乖離に、こりゃひどいわ、と呆れるばかりだった。

退屈で、実にしょーもない作品で、眠気との戦いだった。(笑)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ