2015年11月20日公開

Re:LIFE~リライフ~

THE REWRITE

1072015年11月20日公開
Re:LIFE~リライフ~
3.5

/ 777

17%
35%
35%
9%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(111件)


  • Karuna

    5.0

    ヒューの魅力光る人生の賛美が

    ヒューが何より魅力的。人生の賛美歌ですね、 イギリス人ならではの言葉のセンス、 ヒューが付き合う女子大生役、またマリサトメイら周りの俳優陣も素晴らしい。 ダメ男なんだけどどこか憎めない、周りにはなぜかいつも魅力的な女性がいる、そんな役をやらせたら光るの右に出るものはいませんね。 機知に富み、哲学的、しかし重々しくなく非常に爽やかで勇気をもらえる、最高に発表な映画です。

  • あーるびー

    5.0

    言葉のセンスがいい

    開始40半前後のホリーのバイト先での2人の会話。 テンポもいいし、言葉選びもうますぎる! 他のシーンの言葉のセンスも良いが、このシーンだけ飛び抜けてる。抜群に良い!

  • なつ

    2.0

    地上波

    うーん。 ヒュー様が出ているが、観なくても良かったなと思ってしまう映画だった。

  • rsg********

    4.0

    ヒュー・グラントより若いから俺でも…花○

    1960年生まれのヒュー・グラントより若いし俺でも…なんて思わせてくれたんで花丸♪。 しかし!『勘違いすんなぁー!』とオバサン達に叱責され…なんて直ぐに反省した。トホホッ(溜息) 邦題からシリアスな展開を予想してたが、原題通りで良い筈なのに何故?!って考えたら…『日本では隠し味を盛っちゃいました♪』ってのが答えの筈!。  ♪まぁー良いスパイスが効いて丁度良かったと思えたが、「反則技!、脚本家かよ!」と怒鳴ってやる!。

  • はぬろ~

    3.0

    ネタバレ結構好き

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • wat********

    5.0

    唯一無二のヒューグラント

    ヒューグラントと言う俳優の魅力が存分に発揮された映画でした。落ちぶれた脚本家の人間らしいダメダメな部分をチャーミングに演じながら、芸術に対して純粋な思い、誠実な姿勢を垣間見せる姿が見ていて心地よかったです。ヒューグラントの表情や、ウィットに富んだユーモア、イギリス人らしい振る舞いは唯一無二のものだといつも感じさせられます。役中の子供とのエピソードや、大学生との関わり方を見ていて癒されました。

  • ken********

    1.0

    ヒュー・グラントだったから

    人生を取り戻すという内容の映画はたくさんあるが 映画にするほどの内容なのかなと思う。 日本ならば映画にはならないだろう。 映画という規格ならばもうちょと遊びが必要。 ヒュー・グラントが演じたというところだけに スポットが当たった作品。 ほとんど飛ばしながら見た。 それぐらい眠い内容だった。

  • Hなスナフキン

    3.0

    まさにロマンティックコメディw

    たしかにリライフって既に有名な日本アニメあるのにRewriteしなかったのか?リライト、たしかに一般的でないからあれか。 内容は、極めて一般的だがゆるゆるな感じがよい。 まさにロマンティックコメディ(^^)

  • k2b********

    2.0

    キャッチコピーに騙されました

    映画の解説案内に『失いかけていた情熱を取り戻していく』と有り期待して見ましたが、あまりに一本調子の映画で盛り上がり全く無く、えー終り?でした。 出演者も恐らくそれを理解していた感有ります、乗っていません。 残念ながら、2~3日過ぎると見た事忘れる映画です。

  • nisan

    3.0

    じわ~っときた

    あまり期待せずに見たら、まあまあ楽しめた。

  • riy********

    5.0

    ヒュー・グラントも監督・脚本も知的!

    ヒューファンにとっては勿論、脚本が映画、文学、音楽ファンにとって楽しい、お洒落な映画。一見何でも無いラブコメですが、脚本がとても知的で面白い!! 音楽や絵画の使い方もセンスがいい。大人な映画で、ヒュー・グラントの演技は自然で、流石、また惚れ直しました! ディズニー、黒沢、ベルイマンの台詞の件りも確かに一理あり。

  • yht********

    2.0

    なんか今一歩

    期待外れだった お決まりの展開 最初、グダグダ教師だったが次第に変わっていくという話 面白さもワクワク感もない

  • jun********

    4.0

    定番が好きな人に

    一度はどこかで目にしたことがある、成功し転落したその後の主人公の起死回生の物語。 特に大きな盛り上がりもなく、恋愛面でドキドキすることもそれほどなく、淡々と綴られる作品でした。 昔の栄光をいまだに引っ張って現場に不満を唱え、でも、次第に意識が変わり成長していく物語。 主人公の変化・成長物としては不可はなく、その点を期待して見る分には損はしないし、何より役者が素晴らしいのでそれだけで満足できると思います。 (でも、恋愛面を期待する人のはオススメしないです) 欲を言えば大学教授の職に魅力を感じ始めた主人公に予期せぬ成功が舞い降りて、でもそれを捨ててでも現場を選び取る、くらいの決心と盛り上がりが欲しかった。 主人公の偉大さが少し物足りなように感じました。

  • まー

    3.0

    主役が劇中に書いた物語?

    一発屋の脚本家が人生をやり直す物語で、 投げやりな話で始めた教師生活の中、 ウダウダ問題を解決していく内に、 生徒に刺激され本当にやりたい事を見つけます。 ありがちな内容で、主役に都合よく話が進んでいき、 全てうまく収まってハッピーエンドだから、 複雑な物語を期待するならやめた方が良い。 でも会話は洒落ていて、教訓めいたセリフもあるから、 見どころがないわけではありません。 気楽に見れて気持ちよく終わるという意味では良作。 キャラも癖があって良い味を出していました! ただ映画ネタ満載だから分からない人にはつまらないかも? エンドロール中、小芝居が少しあり、 あのキャラの意外な側面が見れたりするのが良かった。 多分、この映画自体が主人公が劇中で、 書くであろう映画の脚本になっているんじゃないかな?

  • xjn********

    3.0

    無難

    英会話が理解出来ればもっとたのしめたのになあ 携帯電話の発信者が気になる

  • サラ

    3.0

    ヒューグラントっぽい作品

    過去の栄光を背負った脚本家がハリウッドからNY州郊外に引っ越し、大学講師の仕事を引き受けることに。 初っ端からモテるヒューグラントさま全開でスタートするお気楽コメディ。 たまにこういう作品も良いですね。

  • ☆希望の星☆

    4.0

    中年太りのH・グランドもステキ

    ヒュー・グランド 記念すべき10作目 若いころは品のあるさわやか好青年だったがハンサム過ぎるせいか 役が広がらない印象があった わずか10作観たくらいでも ファンならわかる 今作は主役のH・グランドは出ずっぱり しっかりとした役作りで最後まで十分楽しめる 中年太りはまあ受け入れるとしよう 笑顔は変わらないから 脇も素晴らしい 1人1人をきちんとエピソードでくるみ 人間性を浮き彫りにす J・K・シモンズは今作では良い役 大好き 教師との対人関係は暖かだった 学科長が君が好きだからという言葉 最近 本を読んだりしているテーマ 自己肯定感はまず 他者がどれだけ自分を認めるか( 認め合うことも含む)を 土台にしてしか育たないのではと思った H・グランドが原題の意味の通り 学生の作品も書き直しさせたように 自分の人生を書き直す(やり直す)勇気は私にも励ましになった  

  • hom********

    4.0

    邦題「Re:LIFE」に違和感

    みんなが内に秘めた本心を語り合い 互いに打ち解けて行く、そんな風に感じられた。 ヒューマンドラマとしてもコメディタッチが効いていて 飽きることなく観ているものを引き込む強さを感じる。 恋の行方、教師としてのあり方、脚本家としての再出発、 見どころも多い本作だが、唯一、邦題の「Re:LIFE」はどうなんだろう。 原題は「THE REWRITE」リライト、書き直しの意味なのだが リライフでは全く意味が違ってしまうし そもそもこの時点で日本では同じタイトルの「ReLIFE」というヒットコミックがあった。 これは非常に紛らわしいし、タイトルの間に:を付けたのは何かから逃れるためであろう。 普通に「リライト」の邦題でよかったと思うのだが。

  • miw********

    4.0

    惜しいかな?

    こういうの好きだなー というじんわり暖かい気持ちで観ることができました。 ヒュー・グラントの魅力がにじみ出ているという意味でも。 ただ、教師の仕事にやり甲斐を見出していく心の動きが十分描ききれてなかったかな? 唐突な印象を受けました。 ホリーへ恋愛感情を抱く様もしかり。 なので星を一つマイナスとしました。

  • 柚子

    3.0

    生き方

    人生は、いつでもやり直せる 口先三寸、女たらし(役)ヒュー・グランドのにやけた顔が、どうにも苦手 後半、真面目に人生に向き合うようになってからは、まあ見ていられた 脚本って、深いんですね 映画の基礎土台ですもんね 二児ママ学生さん 授業に、バイトに、夜の調査?ウェイトレス、家では脚本執筆も? どうやって育児しているのやら そっちの方が、気になって仕方なかった(^-^;

1 ページ/6 ページ中