ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

悪のクロニクル (2015)

THE CHRONICLES OF EVIL

監督
ペク・ウナク
  • みたいムービー 16
  • みたログ 179

3.66 / 評価:135件

渋く、緊張感溢れるクライムサスペンス

  • ner***** さん
  • 2016年7月28日 17時31分
  • 閲覧数 1324
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

落ち着いた演技と張り詰めた空気感に、観ていてとても楽しめました。
映画全体の雰囲気も渋く、大袈裟な演出などに頼らない部分も良かったです。
ラストの意外な事実にも純粋に驚かされ、クライムサスペンスとして抜群の出来だと思います。

主人公は昇進目前にして殺人を犯してしまったチェ刑事。
彼が単なる正義感溢れるような男ではないところが上手いなと思いました。
チェ刑事の悪の部分も知ることで、物語が複雑になり先が読めなくなります。
チェ刑事は寡黙ですが、その目力で心情を語っているのも素晴らしかったです。

主演のソン・ヒョンジュ初め、男達の見事な演技力に心を震わされます。
パク・ソジュンも若手ながら他の面々に負けず、初々しい刑事をとても自然に演じてました。

そして物語が進むにつれ、この事件に隠された目的が分かっていきます。
事件の真相に辿りつく迄には何層にも重なった罠があり、明らかとなっていく事実の意外性に胸が躍らされました。
いくつかのシーンやセリフが伏線となっているのも素晴らしかったです。

ド派手なアクションというものは無いですが、俳優達の卓越した演技力によって緊張感ある極上のサスペンスに仕上がっています。
全体的に渋めな俳優、演出なのも良かったです。変に格好付けないところが逆にとても格好良く感じられました。
音楽の入り方も個人的には凄い好きです。特にあの回想シーン…う~ん、何度も書いてしまいますが、とにかく渋くてイイんですよねぇ。
中だるみも無く最後まで楽しむことが出来ました。

俳優も内容も素晴らしく、最高の大人のサスペンスを楽しめた気がします。
切ない終わり方も韓国映画らしくて良かったです。
難しい内容でもないので、是非多くの方に観て欲しいですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不気味
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ