レビュー一覧に戻る
仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス

こころざし

1.0

ネタバレmovie大戦の黒歴史

この映画を見る前から、酷いという声が多いことは知っていたので、いかに酷いか確認するために観賞した。 やはり悪い面が目立った。具体的には、 ・これまでのゴーストとドライブの共演がなかったことにされている。 ・ベルトさんがなんで大天空寺の草むらにいた? ・ロイミュード幹部3人の性格の改悪(特にハート。人間に対してあんなこと言うやつじゃないだろ) ・復活したはいいが、ハートたちとは違ってなぜか正義の心を持っていたチェイス(理由は不明) ・剛とチェイスの別れもあっさりしすぎ。 ・サブライダーの活躍がいまいち。雑魚怪人ぐらいしか倒せていない。 ・仙人と本願寺のコント。ゴーストのテーマである命をバカにしているかの内容(あの世はいいとこのセリフで腹が立った) ・タケルは父の死を阻止するために過去に残ったというのに、結局守れなかった(結果的にタケルの行動がほぼ無駄になった) ・マコトのキャラがおかしい(ダブルヒーローのご帰還) ・進ノ介が現代では眼魔を視認できなかったのに、10年前にさかのぼるとなぜかできてしまう。 ・現代でのベルトさんとの再会シーンがおかしい(10年前からわかっていたのが意味不明) ・タケルが子供タケルに叱咤するシーン(確かに他人任せな態度はよくないけど戦う相手が怪人だから、死ぬのを覚悟で立ち向かえって言っているように感じた) 結構粗が目立つ。この映画の失敗の大元はライダーを何もしらない脚本家を起用したプロデューサーにあると思う。

閲覧数942