ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ (2016)

監督
宮藤官九郎
  • みたいムービー 911
  • みたログ 5,960

3.70 / 評価:4,755件

出た…雰囲気系

  • cha***** さん
  • 2016年12月9日 16時55分
  • 閲覧数 2859
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

クドカンさんの映画作品、舞妓はーんの時とか好きだったんですけどねー。
とうとう、自分のセンスのみを押し付けてきましたか…。
音楽好きってのはわかるんですが、押し付けてきましたねぇ…
少年メリケンサックあたりから、顕著でしたけど。
でも、あれは宮崎あおいさんが、見事に映画にしてました。
今回は、誰も彼もキャラが散らかってるだけで、愛着もなにもありません。
ゲスト豪華にして、音楽を派手にして、脚本そっちのけで個人的に好きな感じをぶっ込みました。
的な映画です。
感覚さえ合えば、面白いのかもしれませんけど、合わない人には地獄でしょう。

ぶっちゃけ、ストーリーがクソです。
話として成立していない。
三木聡監督作品を観てるような、時間の無駄さ加減。
方向性は違いますけど、岩井俊二監督作品のようなセンスの押し付け。

クドカンさんも、こうなってしまったのか…
と、ガッカリしました。
コメディ向き脚本家かと思ってましたが、全く違う。と再認識です。

神木隆之介さんの魅力も別に…
長瀬智也さん、本人かどうかさえ、ギリギリわかる程度。
桐谷健太さん以下は、誰かもイマイチわからず。
可哀想ですね。

評価高いのが、何故なのか…
クドカンで神木さんで長瀬さんで、設定が面白そうだし、音楽もセンス良さげだからでしょうか。

僕には合いません。

最近、脚本が練られてない作品が多すぎるような気がします。

監督センス押し付け系とか。
漫画原作改悪系とか。

どうなんでしょうね…

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ