リベンジ・トラップ/美しすぎる罠
2.5

/ 176

2%
9%
40%
37%
12%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(35件)


  • casfi

    2.0

    ネタバレ邦題が最悪

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • あーるびー

    2.0

    変なストーリー

    そもそもこのレイプ犯の顔が気持ち悪い。 もちろん演技だけどさ。 曲がりなりにもレイプした人と仲良くなっまり身体触ったりするなんて、頭おかしい。 いや、おかしくなってるんだろうけどさ。

  • yuk********

    3.0

    ネタバレ先は読めてしまうんだけど

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • moca

    4.0

    演出が感動するほど素晴らしかったです!

    主人公のこだわりと自己顕示欲が強く攻撃性のある性格。 レイプ犯の矛盾した2面性。 父親は唯一まともで暖かく思いやりのある性格。 主要人物、および脇役出演者の人間性の表現が細かな演出で描かれています。 クリーニング店でのやりとり、意地の悪い看護婦の首から飛び出るタグ、タオルについたマニキュア、ケーキ作り、同僚の器用に包装されたプレゼントetc... レイプ犯はタオルに付着したマニキュアを血痕と勘違いして「怪我でもしたの?」と優しい言葉をかけますが、その後狂暴な男に豹変する。 この異常な2面性は刑務所内のシーンでも描かれており、その理由も生い立ちにあるらしいということが彼の告白で分かります。 ケーキを作って披露するのが好きなくせに、同僚が施した綺麗な包装紙に喜ぶわけでもなく無造作に破る主人公はサイコパス的な人格の表れ。 冒頭の母親を看取る男の話はプロローグとして描かれており、何気ないシーンも無駄がない。 レイプされた娘の部屋を片付ける父親の姿が丁寧に描かれていてその心情が伝わります。 ロザムンドパイクの演技もカメラワークも良かったです。 人物設定とその表現力がすごくうまい監督。 フォアドミカティのファンになりました。 人が好きで人に興味が無ければこういう映画は作れないんじゃないかな。 「存在のない子供たち」の製作総指揮をしたらしいので是非見たい。 「Return to sender」という原題。 日本語タイトルをつけるのは止めたほうがいいですね。

  • ヤフ王

    2.0

    見ても得るものは無い

    リベンジはリベンジだけど普通なら スッキリして終わるはずのリベンジが逆に変なモヤモヤが残る結末。 そして手を出しちゃ駄目な相手をレイプした犯人にちょっと同情。 何だろ誰も幸せになれず得もしなくて見た後にイヤーな感じが残る映画。 見る必要があるの?それでも気になる人ならどうぞ‥

  • 嘆願書

    2.0

    2020.5 鑑賞

    主人公やレイプした男性の精神世界が気になります。そんなもの完全に理解できるものではないし、そもそも胡散臭いんですが、それでもそこにストーリーがあるなと。 現代に限らず常に人間社会は病んでるなと思います。病みながらも、社会に適応している。それが主人公の怖さでした。一見まともで看護師という立派な職業に就いてる彼女。しかし実はいわゆるサイコパスと総称されるような性質を持ち合わせている。いろいろ伏線のようなものが散りばめられているかと思えばうまく回収されないがゆえ、B級作品と言わざるを得ないですが。

  • nao********

    2.0

    大雑把な作り

    ゴーンガールの女優さんでなければ 途中で観るのやめてました

  • bat********

    2.0

    ネタバレとびっきりのサイコパス映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • rak********

    3.0

    考えさせられる。。。

    タイトルから結末がわかる 感じですが、事件によって 彼女の人生が大きく変わり、 最後のシーンでけりをつけ、 乗り越えようとする事に 考えさせられました。

  • mr_********

    2.0

    原題はRETURN TO SENDER

    B級サスペンスは大好物ですが、主役がロザムンド・パイク姉さんだったので、更に期待して観ました。 しかし脚本も演出もぐだぐだで何もかにも中途半端・・・。 そもそもパイク姉さん、トム・クルーズと共演の「アウトロー」(2012)、デヴィッド・フィンチャー監督の「ゴーンガール」(2015)出演で乗りに乗っている状態。 それなのに何故こんなB級作品に出演したのだろう? 主役だからかな・・・。 パイク姉さんは、外国人にしては表情に乏しい感じがする。 何考えてるかわからない顔・・・目が死んでる(笑) だからサスペンスにはもってこいの女優さんで、ずばりはまったのが「ゴーンガール」だったと思いますね。 ところが、この映画では脚本が悪いので、彼女の持ち味が生かされてない。 かなりの潔癖症なのに、看護士なんか出来るのだろうか? クリーニング店のバカ女。 初めに料金を払っているのに、受け取りの際に料金は貰ってないから、もう一度払え、と言われたら誰でも怒りますよ。 そういう伏線が何も生かされていません。 ラスト、強姦魔はひどい目にあうわけだけど、あの後どうしたのかな? 犬の時みたいに庭に埋めるわけにもいかないだろうにね・・・。 原題はRETURN TO SENDER。 これは出した手紙が送り返されたときに手紙に押すスタンプですね。 映画の中でも、刑務所に出した手紙がミランダに送り返された時にこのスタンプが押されていました。 つまり「送り主に、送り返す」→「やられたら、やり返す」みたいな意味をもたせたのでしょうね。  

  • サンゴ

    2.0

    ネタバレいくらなんでもこの邦題は酷すぎる

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • dmp********

    2.0

    相変わらずしょうもない邦題

    この映画の肝ってこの先どうなるか、この女性(主人公)が何を考えてるか、レイプ犯の男は改心したのか、それとも振りをしているだけで中身は悪党なのか、それを読みながら楽しむ作品なんじゃないのかな。 だとしたらこのタイトルはアウトだね。 タイトルでネタバレしてる時点でこの映画の醍醐味は全て消えてる。 この邦題って作り手も認めてるのかね? このタイトルじゃなければ少しは興味深く見れてたかも知れないけど、結局リベンジなんだよね、て知ってるとトンデモなくレベルの低い作品に様変わりする。 ただこのタイトルじゃなくても面白かった〜て、なったかは微妙。 構成によっては数段面白く出来たと思うな。 私見ですが、彼女が告白したように母の死にも自らが関係し、その何らかの影響もあって看護士(オペ、解剖を専門とする)を目指すことにしたのでしょう。 元々、解剖することや相手の死にあまり感情がなかった…どころかそういうのを好むとこがあったのかな、と。 自身を強い存在で気高く感じている。 母はどうなったか知らないが厳しく躾けをされて殺してしまったのか。事故を装って。 ケーキ作りの繊細さなど見ても神経質で繊細な面も持ち、綺麗好きで自分が何者かに汚される、舐められるようなことを異常に嫌う。 お店で客が喉を詰らせて処置をするときも冷静さと共に冷酷さ、そして喉を掻っ切る行為へどこか嬉々とした様子にも見える。 自分は誇り高く人から認められる存在。 他人に勝手にペンを触られたり、公共の電話器を触るのも気にする潔癖具合。 犬に服を破られたときもすでに殺してやると思ってたのかな。 これは伏線で、ほんとは憎んでるけどそれを悟られないように仲が良くなった、好きになったように見せ掛ける。 犬がなつき、父も不審に思わなくなった状況で殺した。 同じことをレイプ犯にもしたってことだろう。 もう許した、この傷を乗り越えるため、むしろ相手に行為を抱いている、ぐらいのことを装って、自分をこんなにした奴は絶対に許さないというお返しのシナリオを組み立てた。 レイプは神経質で綺麗好き、誇り高い自分にとって到底心に収められるわけもなく、復讐のシナリオを思い立った彼女のスッキリした表情からその精神性が垣間見える。 同僚からおもちゃ(?)の手術セットを受け取ったときのあの冷徹な表情は、私は優れているのにバカにしてんの?という現れだし、そんなに繊細で優れてる私が手が震えて看護士の仕事はもちろん、得意なケーキさえもまともに作れなくなったという失望と怒り、そうさせたレイプ犯には同等以上のことをやり返す、と計画し、それを実行していくほどに生き生きとしていく。 彼女の表情はまさにマシーンで心がすでに死んでいるように見える。 サロゲートなんかまさにそう(作り物)だけど。 こういう演技は冷徹で怖さを与える。 ただあの後レイプ犯を殺したとしたら彼女が怪しまれるのではないのかな。 身寄りがないなら失踪しても誰も気にしないか。 作り手としてはレイプ犯が改心を装っているが牢屋での同居人への態度からして決してそうは見えないことで、また彼女に近づいて同じことをやらかす、と前振っていての実は彼女のほうがやばかった、という流れでどんでん返しを狙ったのだろうがそれもこのタイトルで台無し。 ひとつひとつ心理面など丁寧に描けば名作だったかも。ロザムンドパイクとシャイローフェルナンデスは良い雰囲気を出してただけにタイトルと相まって構成が実に残念。 最終的に狂気を感じるラスト(例えばグロシーンということではなく、表情や言葉で何かを感じさせるような)があっても良かったかな、と。 何年後とかで彼女が技術を取り戻して医師として成功しているけど、手術をニヤリと楽しそうにやるシーンで終わるとかね。 あくまでも私の解釈ですがこう見ると一応一貫性はあるかと思います。 皆さんはいかがでしょうかね。

  • delu

    2.0

    2019.3

    評価2

  • jmk236

    3.0

    ネタバレだまされた

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • やふら

    3.0

    ネタバレ作品名がネタバレです。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • こんばんわんこそば

    3.0

    ネタバレ何も考えず観れる

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ***********

    1.0

    ネタバレ胸糞の悪さが後を引く

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 3.0

    ネタバレ復讐…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • なつ

    3.0

    ネタバレHulu

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • n22********

    4.0

    復讐できてよかった

    タイトルから内容がわかってしまっても、まぁ楽しめました。 復讐のシーンがもっと長ければ良かったなぁと思います。

1 ページ/2 ページ中