ここから本文です

リベンジ・トラップ/美しすぎる罠 (2015)

RETURN TO SENDER

監督
フアド・ミカティ
  • みたいムービー 133
  • みたログ 401

2.52 / 評価:175件

原題はRETURN TO SENDER

  • mr_******** さん
  • 2019年3月19日 18時28分
  • 閲覧数 1220
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

B級サスペンスは大好物ですが、主役がロザムンド・パイク姉さんだったので、更に期待して観ました。
しかし脚本も演出もぐだぐだで何もかにも中途半端・・・。

そもそもパイク姉さん、トム・クルーズと共演の「アウトロー」(2012)、デヴィッド・フィンチャー監督の「ゴーンガール」(2015)出演で乗りに乗っている状態。
それなのに何故こんなB級作品に出演したのだろう? 主役だからかな・・・。
パイク姉さんは、外国人にしては表情に乏しい感じがする。
何考えてるかわからない顔・・・目が死んでる(笑)
だからサスペンスにはもってこいの女優さんで、ずばりはまったのが「ゴーンガール」だったと思いますね。

ところが、この映画では脚本が悪いので、彼女の持ち味が生かされてない。
かなりの潔癖症なのに、看護士なんか出来るのだろうか?
クリーニング店のバカ女。
初めに料金を払っているのに、受け取りの際に料金は貰ってないから、もう一度払え、と言われたら誰でも怒りますよ。
そういう伏線が何も生かされていません。
ラスト、強姦魔はひどい目にあうわけだけど、あの後どうしたのかな?
犬の時みたいに庭に埋めるわけにもいかないだろうにね・・・。

原題はRETURN TO SENDER。
これは出した手紙が送り返されたときに手紙に押すスタンプですね。
映画の中でも、刑務所に出した手紙がミランダに送り返された時にこのスタンプが押されていました。

つまり「送り主に、送り返す」→「やられたら、やり返す」みたいな意味をもたせたのでしょうね。





 

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ