ここから本文です

カノン (2016)

監督
雑賀俊朗
  • みたいムービー 44
  • みたログ 278

4.04 / 評価:252件

解説

東京と石川県・富山県など北陸を舞台にしたヒューマンドラマ。祖母の葬式で集まった、東京、金沢、富山それぞれに暮らしていた3姉妹が、死んだと聞かされていた母親の存在を知ることで自身を見つめ直していく姿を追い掛ける。メガホンを取るのは、『リトル・マエストラ』などの雑賀俊朗。『飛べ!ダコタ』などの比嘉愛未、『落語娘』などのミムラ、『呪怨 -終わりの始まり-』などの佐々木希が3姉妹役で共演する。彼女らが織り成す温かな物語に加え、ロケが敢行された北陸の美しい風景も見もの。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

東京で生活している専業主婦の長女・宮沢紫(ミムラ)、富山県黒部市に暮らす小学校教師の次女・岸本藍(比嘉愛未)、金沢の老舗料亭でおかみとして働く三女・岸本茜(佐々木希)。祖母の葬儀で久々に顔を合わせた3姉妹は、遺書に死んだと聞かされていた母・美津子(鈴木保奈美)が生きていると記されていて驚く。父の死を機に酒に溺れ、火事で重傷を負い、自分たちから離れていった美津子の軌跡を知った三人は、彼女のいる富山の介護施設へと向かう。だが、彼女はアルコール性認知症が原因で娘たちのことを認識できず……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ