2015年12月12日公開

A Film About Coffee (ア・フィルム・アバウト・コーヒー)

A FILM ABOUT COFFEE

662015年12月12日公開
A Film About Coffee (ア・フィルム・アバウト・コーヒー)
3.3

/ 66

14%
33%
27%
20%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(17件)


  • kr1********

    5.0

    美しい映像とコーヒー農家へのリスペクト

    美しい映像から始まり、現地のコーヒー農家がどのような栽培、精製をしているか、出来上がった豆をどのように焙煎し、抽出するか 一連の流れが綺麗に纏められています 焙煎や抽出の段階で「豆を良くすることはできない」 「いい豆をいかに良い状態のまま提供できるか」 というのは本当にその通りだと思う。 焙煎や、抽出で「加点」することはできない「減点」をいかになくしていくか そういったものだと思う。(深煎りの場合は煎りで風味や味をつけるが) また、スペシャルティコーヒーは「浅煎り」でこそ真価を発揮する というのもその通りで 「深煎り」では「煎り」で味や風味を付け足す どんな豆でも同じようになりやすい(まったく同じとは言わないが) せっかくの良い豆であれば極力その豆の「特徴」やその豆本来の「風味」を活かす方向となる。 結果として浅入りのほうが豆の特徴を出しやすい ということだと思う。 とはいえ、深煎りを否定しているのではなく、私自身も気分によりどちらを飲みたいかが変わりどちらの良さも理解している。 ただ、良い豆を使うのであれば というところかなと コーヒーをより深く知らせる為に、そのあたりが描かれていたのはとても良いことかなと。 スペシャルティコーヒーに重きを置いた映画だったため そのあたりで誤解が生じやすいかなとも思った。 深煎り信仰が根深く新参者の「浅煎り」に対しての誤解が少しでも解ければと思う。 一度でいいのできちんとしたスペシャルティコーヒーを出す店で 豊かな風味や嫌みのないさわやかな酸味を味わってもらいたい というのはこの映画においても共通認識のように思えた。

  • nab********

    3.0

    ここだけ繰り返し見てる

    冒頭のサイフォンで淹れるシーンが音楽ともに美しくて何度も見たくなる。何か集中させられる。 大坊さんの淹れるシーンも美しい。 珈琲は綺麗に撮られると画面に出てくるだけで癒やしとオサレ感をもたらすと実感した映画。

  • rai********

    3.0

    ネタバレサードウェーブと生産者農家とを結ぶ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • him********

    2.0

    ネタバレ浅煎りのプロパガンダ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ang********

    4.0

    非常に良かったけれども、テレビ特番で十分

    一杯のコーヒー。諸玉の豆、プロによる巧みの淹れ。 いや本当に頭が下がります。 素晴らしい映像に、登場するは現地の素朴な人々。 でも、映画にする程では・・テレビの特番で宜しいのでは。 私は珈琲好きです。 普通なら、「若い頃にはインスタントコーヒー」「年配になってから、こだわりのコーヒー」なのでしょう・・ねえ。 若い頃、20代30代までは、炒ったり挽いたりもしましたが、もう面倒で。 こだわりのミルクも砂糖も、もう面倒で。 もっぱら、「スティックに豆もミルクも砂糖も全部入っている」を150~180ccのお湯で溶かして飲んでいます。十分美味しいのです・・・ カフェオレ、カフェラテ、ティオレ、抹茶オレと、色とりどりのスティック何種類か瓶に入れ、それを食器棚に並べて悦に入っております。なんか、すみません・・・

  • じぇろにも

    3.0

    ネタバレドキュメンタリー

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bar********

    2.0

    おかしなドキュメンタリー

    ア・フィルム・アバウト・コーヒー。ドキュメンタリー映画ですが、あまりドキュメンタリーを作るのが上手ではないと思います。何に主眼を置いたドキュメンタリー映画なのか分からないからです。コーヒーと言っただけでも漠然としています。その味わいのことなのか、市場のことなのか、生産現場のことなのか、どのテーマについて具体的に語ろうとしているのかはっきりしていませんので、焦らされているような感覚で、ほとんど無駄とも言えるシーンばかり見せられます。何らかの主題との関連性がなければ、膨大なインタビューシーンやルワンダの生産者たちの映像もほとんど意味を持ちません。 どういうことを伝えたいのかはっきりしないのです。序盤は主にコーヒーの製法についての話ですが、具体的なことは何も判明しません。ただ「職人さんは大変だよ~」と言っているだけで、われわれにどう思わせたがっているのかがわからない。 これは制作者に明確なプロットやビジョンがないまま制作したからです。 たとえば関係者のインタビューを見て「コーヒー豆の製法工程は非常に注意を要する」「これはすぐに特別なコーヒーになると確信したよ!」とか言っているのを聞いても、「じゃあ具体的にどんなふうに?」となっても続かない。そこで終わり。次の話題になっている。 まず最初にどういう工程が存在して、どんな注意が払われているのかを、図か何かで概観したあとで、制作者のインタビューやバイヤーの話を混ぜていかないと、意味がない。おかしな意味不明なインタビューの繋ぎ合わせで、「なんだか粋な仕事してるな~」と思うだけで、まったく感情移入できない。 他のレビュアーの方も言っていますが、この作品はコーヒー好きな人限定、という感じです。それも「普段コーヒー飲む」というレベルじゃなくて、”高級コーヒーと普通のコーヒーの違いが分かる”、”産地の違いが分かる”、”実際にコーヒー店を経営している”、”将来しようと思っている”、というレベルの人向けです。 まあ、ちょっと独りよがりなドキュメンタリー、と言って差し支えないと思います。コーヒーに興味を持ち始めたという人は門前払いを食うレベルです。そんなのドキュメンタリーとして優れた作品のはずがありません。独りよがりな、自己中心的な作品です。 インタビューも非常に限られた人びとの話だけですし、内容も自分の理想的なコーヒー観を語っているだけなので、信憑性がない。ぜんぜん面白くない。 もっといろんな視点からコーヒーについて眺めたかった。自分の生活のうちにどんなふうにコーヒーが役立っているのか、コーヒーの美味しさを伝えるにはどうすればいいのか、産地とのフェアな取引についてどうなっているのか、テーマ別に時間を区切って視聴者に分かりやすく伝えてくれれば、すばらしいドキュメンタリーになったに違いない。 素材がいいだけに、制作者の意図でこんなふうになってしまって非常に残念です。

  • とっちりんこ

    4.0

    コーヒー好きには共感できる。

    鑑賞しているとコーヒーの香りがしてくるような錯覚に襲われ、途中コーヒーを淹れに台所へ。 そこまでコーヒー好きじゃない人にはあまり響かないかも。 コーヒーを作る農家の方々がようやくきちんと生活できるようになってきたのが良かった。 日本人のバリスタとお店が紹介されていて とてもカッコよかった。職人気質でコーヒーに対する情熱が半端ない。 昨今はカフェイン中毒がどうとか、とかくコーヒーを悪者にしたがる意見も聞こえますが、コーヒー=幸せと改めて思わせてくれる作品です。コーヒー好きが楽しそうに語る姿にこちらまで嬉しくなりました。

  • fg9********

    3.0

    でも、イイんだもん

     …ドキュメンタリーものはあまり好みではないが、『TSUKIJI WONDERLAND 築地ワンダーランド』は割とハマったので、続けて観てみる。  …あらすじは、横着をして、解説の次のとおり。  『高い品質と風味豊かな「スペシャルティコーヒー」の市場が拡大を続ける状況で、豆の選定から焙煎、ドリップ方法などさまざまな工程にこだわり究極の一杯を追求するプロフェッショナルたち。  コーヒーが生産地から消費者のもとに届けられる過程を映し出しながら、世界のコーヒーカルチャーの新潮流をけん引する彼らの仕事ぶりや哲学を追う。』  先ずは、サイフォン式はスコットランドで考案されて、日本で完成形を見たと知って驚き、嬉しい限りだった。  で、コーヒーの歩みは……コーヒーが急速に一般的な飲み物となった「ファーストウェーブ」、スターバックスなどシアトル系コーヒー店が火付け役となり、より風味を重視し、アレンジコーヒーも盛んになった「セカンドウェーブ」、そして21世紀に入り、豆の素材から入れ方まで、コーヒー本来の価値を追求する“スペシャリティーコーヒー”の時代「サードウェーブ」が到来し、本作は、その「サードウェーブ」に焦点が充てられている。  2013年に惜しまれつつも閉店したという、東京・表参道の『大坊珈琲店』の店主・大坊勝次氏が珈琲を淹れる所作は、厳かで優雅な茶道を見ているかのように美しくかった。  で、今も珈琲(インスタント)を飲みながら書いているが、オラッチが飲んでいるのは「珈琲」ではなくて「コ―C」であることを思い知らされた。  本作の鑑賞後、確かに「究極の一杯」を味わいたくもなってくる。  でも、イイんだもん。  「ファーストウェーブ」止まりのオラッチの脳味噌は、インスタント・コ―Cでも十分に寛げるもんね。  負け惜しみを言ってしまったが、せめて「セカンドウェーブ」ぐらいまでは到達したいと思わせる十分に一見の価値はある作品だった。3.3点。

  • oce********

    3.0

    コーヒーに興味がある人向け

    そんなにコーヒーを飲まないので、この映画の位置づけとしては愛飲家とは別の視点で眺めた印象。 コーヒーの製作過程から、豆の選別。 香の重要性。バリスタの淹れ方のこだわり等々が描かれる。 基本的にどこかの過程でミスがあれば、美味しいコーヒーは作れないという意外に繊細な部分が垣間見えた。 最後の方に青山にあった珈琲店大坊の店主が世界一として紹介される。 アメリカの製作なので世界的に有名なのだろうが、豆の炒り方だったりそそぎだったり、職人のような佇まいにはある種の芸術が垣間見える。 コーヒー好きならば楽しめるだろうし、見た後コーヒーが飲みたくなるんじゃないかな。

  • mik********

    4.0

    すべてのコーヒー関連に愛する人へ

    ドキュメンタリーとはいえ、コーヒーって生産から、コーヒーる作る過程から、飲むまでたくさんの苦労が関わる人が一緒になって、作るんだなあと考えた、66分でした。

  • and********

    1.0

    ネタバレコーヒー好きの皆さんゴメンね。ダメでした

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bur********

    3.0

    珈琲道

    コーヒーは好きで1日3、4杯は飲みますが、それほど思い入れやこだわりがないためか、映画としてはそんなに面白いとは感じませんでした。 冒頭に映し出されるのが、日本語の注意書のあるサイフォン式のコーヒーメーカー。これを使用しているのが、日本にも進出しているアメリカのコーヒー・バー、ブルーボトルコーヒー。 なんでも、サイフォン式はスコットランドで考案されて日本で完成したとか。 また、 コーヒーの世界のレジェンドとして、東京は表参道の大坊珈琲店のオーナーである大坊勝次氏が紹介されていました。 本作は、世界30ヶ国のコーヒー愛好家によって上映が開催されたそうで、そういうことを聞くと、本作を観た多くの日本人のパトリオティズムがくすぐられたことは想像に難くありません。 もともと、単に飲み物を飲む行為を茶の湯、茶道という文化に昇華させてきた日本なので、コーヒー文化も容易く受け入れ更に発展させることは、それこそ“お茶の子さいさい”だったのかもしれませんねw それにしても、大坊氏のコーヒーを淹れる手つきはしなやかで美しい。まさしくアートでした。 少し気になったのが、 日本人のバリスタ田中勝幸氏が英語で語るシーンで英語の字幕が表示されること。日本人の私にとってはたいへん聞きやすい英語だったのですが、ネイティブの人には分かり難いのでしょうかね?それならはじめから日本語でインタビューに答えてもらったらよかったのに… あと、専門家の最後の言葉、上映後にコーヒーを飲みたくなってたのに水を差されたようで結局飲む気が失せました。あの最後の一言って映画館の売店にとって営業妨害じゃないですか?(^^;

  • cas********

    4.0

    コーヒー好きは必見

    生産者や市場の現状、消費者と生産者をつなぎ品質と生産者の生活向上に努めるバイヤー、そして最高のコーヒーを追求するバリスタ。 消費者のあるべき意識までも訴えかける。 短いながら要素を網羅したコーヒー映画。感謝して飲みます。 それぞれがそれぞれの立場で働く姿が美しかった。

  • nag********

    5.0

    コーヒー好きなら楽しく見れる

    あまりに身近で、生産者のことを考えることがなかった。とびきり美味しいコーヒーが飲みたくなる映画でした。

  • ken********

    5.0

    おいしいコーヒー飲みたい

    珈琲大好きな身としては、コーヒー生産者たちには感謝しかないな。 珈琲の奥深さを感じる映画でした。 大坊さんが珈琲入れる姿はかっこいいな。 本当においしいコーヒー飲みたくなるよ。

  • mor********

    4.0

    ネタバレ時間と労力の対価にある至福の一杯

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中