ここから本文です

黄金のアデーレ 名画の帰還 (2015)

WOMAN IN GOLD

監督
サイモン・カーティス
  • みたいムービー 462
  • みたログ 2,470

4.08 / 評価:1920件

名画と家族との記憶

  • bay******** さん
  • 2021年1月24日 20時19分
  • 閲覧数 264
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ストーリー展開が、なんとなくジュリア・ロバーツ主演のエリン·ブロコビッチに似てるな~と思いながら観ました。

ナチスによって家族や大切な人達を失ない、国を追われた主人公の苦悩が名画を通して紡がれていきます。
変えることのできない重たい歴史があるからこそ、名画が本来の持ち主のところに戻ってきた!やったー!ハッピーエンド!となるわけではなく···。

取り戻せたとしても、過去の辛い記憶や心の傷はなくなるわけではなく、この先もずっと背負っていかなければならない。観ていてとても切なく、複雑な気持ちになりました。

オーストリアを発つ日に、両親と最後の時を過ごすシーンでは号泣しました···。
家族の大切さを、改めて感じられた作品です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ