レビュー一覧に戻る
ビジター 征服

ang********

1.0

ネタバレ信頼の平均レビュー1.16

レビュー1151作品目 WOWOWシネマの「SF特集」とやらで、昨日三作品が放映された一弾目。 いやもう・・・どないせいと。 ちなみに主役の方が「老人・ガリガリに痩せて黒髪」の怪役者。何処かで見た事あるなあ・・と思っていた所、多分ですが米テレビドラマのスーパーナチュラル(天使や悪魔が出て来る、主人公は悪魔狩りの兄弟)にて、悪魔の四大騎士・死の騎士役の方。 本作品も、非常に当り役だとは思いますが・・ 以下、完全ネタバレ ・主人公、宇宙人に拉致られ頭に何やら埋め込まれる ・そのせいで、眠れない・死ねない 頭を銃で撃たれても死ねない ・研究所に拉致られ、女博士から拷問される ・宇宙人が再度やって来る ・「死なせて」の主人公の懇願に、頭から何やらを取り出す ・めでたく主人公は死亡 ・宇宙人、何やらを女博士の頭に埋め込む ・女博士、自殺しようと拳銃で頭を撃つが死ねない ・政府の関係者が女博士を捕捉しようとやって来る ・哀れ、博士はこれからきっと研究材料に 以上、ざっくりとしたあらすじです。 まあ、主人公の友人だの、主人公を拷問しようとして電気椅子に・ビルの電気ブレーカーが落ちる程しても主人公はヘロッとしているだの、 何やら色々ありますが・・ 何が酷いって、その映画の陳腐さ・安っぽさ。 ブレア・ウィッチやクローバーフィールドの様に、POV(主観映像)で森の中をウロウロしているシーンが半分。 残りの半分は、どこかの倉庫のだだっ広い部屋の電気椅子で拷問されているシーン。 製作費、低そうだなあ・・・1億行っていないと断言出来る。 2000万位かもしれない。 主役の拷問される初老の男と、拷問する狂気の女博士、この二人の怪演は見応え有るものの、他がもう。 宇宙人も、最後までハッキリ映らないし。 コマ送りにして、初めて「火星人ぽい顔に、ヒトデみたいな手」をしているのが一瞬映るだけ。こんなの映画館で見たら全然解らない。 まあ、これ以上に酷い映画はいくつかあったものの、人生ワースト映画20には確実に入りそうな映画。一見の価値、ゼロです。

閲覧数861