2016年3月26日公開

無伴奏

R15+1322016年3月26日公開
無伴奏
3.1

/ 690

22%
18%
26%
14%
20%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

学生運動の嵐が日本中を席巻していた1969年、仙台に暮らす女子高生の響子(成海璃子)は時代に流されるように学園紛争にのめり込んでいた。ある日、友人に連れられクラシック音楽が店内に響く喫茶店「無伴奏」を訪れた彼女は、そこで出会った大学生の渉(池松壮亮)に興味を持つ。その後、学生運動から離れた響子は偶然入った無伴奏で渉と再会し、次第に彼のことを好きになっていき……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(124件)

切ない24.9%悲しい15.2%セクシー11.9%泣ける9.4%絶望的7.3%

  • 週末社長ゆず

    1.0

    成海璃子の女優としての覚悟が足りない

    執拗に胸を隠すばかりに不自然なシーンになっている成海璃子。 女優としての覚悟の無さが退屈な映画にしてしまった。

  • han********

    3.0

    こんな時代かぁ

    この時代の様子がうまく表現されていたし、大人の一歩手前の若者たちの心情、演技も良かった。 良い意味で古臭さを感じました。 作品としては悪くないと思います。でも、救いがないというか、前向きになれる作品ではなかった。自殺とか自殺未遂とか、それが手段として片付いちゃう。 やっぱりそういう時代だったのかなあ。

  • モナリザパーキング

    2.0

    なんかなぁ〜切ないね。

    無伴奏 🇯🇵1969年 学生運動が盛んな時代。 学生達は大人の矛盾を指摘して世間や国と戦う大人になって行く準備をしていた主人公の女子高生。 制服の撤廃を掲げて学校に反発し、大人になる準備をしていたそんな時代。 クラッシックが流れる地下の狭い喫茶店で大人にほぼなりそうな男性と出会い恋をする。 ◉57点。 ★彡ゆっくり流れる時間と音楽と謎めいたストーリー。 🌀本当に好きな両思いの二人の間に入ってしまった道具に過ぎない女の行末! 🟡見所5! 1️⃣とにかくタバコ吸うシーンが多い! 2️⃣何がおきるのか?全く読めない不穏感! 3️⃣なんか生々しい感テイストを感じる。 4️⃣俳優!池松さんのブレない演技と雰囲気◯ 5️⃣インパクト数ヵ所ありました!

  • kei642

    3.0

    ネタバレ映像が

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • wri********

    2.0

    半世紀前の映画

    半世紀前の高校生を現代の視点からどんな風に描くのか…… そこに最大の関心があった。が、観終わってみれば、なんじゃこれ?  なぜ画面を暗くするのだろう? 必死に背伸びしながらも大人が作っている社会に異を唱えようとしているのに。未熟だと自覚しながら反抗しているのに。 当時の青春の一面を切り取った作りなのだろう、きっと。でもそれだけじゃ映画にならないので、男2人のホモシーンがあったかと思ったら、突然殺人があったり。その挙句、恋人が自殺してお終い。あの自殺の動機は一体何なんだ? 知名度のない脇役の子は胸も露わにしているのに、主人公はあくまでも隠すという撮り方。それに炬燵をモザイク代わりにする撮り方には思わず苦笑。 いずれにせよ、時代設定も半世紀前なら、作りも半世紀前。そんな風に思えました。 追伸:恋人を失った主人公は上京するが、何のため? あんなことをしていて志   望校に受かるとは到底思えないし、なら2浪? 就職するとも思えない    し……    その辺は、逃げないで示してほしかった。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


成海璃子野間響子
池松壮亮堂本渉
斎藤工関祐之介
遠藤新菜高宮エマ
松本若菜堂本勢律子
酒井波湖レイコ
仁村紗和ジュリー
斉藤とも子野間秋子
藤田朋子千葉愛子
光石研野間幸一

基本情報


タイトル
無伴奏

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日