ここから本文です

高台家の人々 (2016)

監督
土方政人
  • みたいムービー 647
  • みたログ 3,791

3.85 / 評価:3,217件

ふしぎなふしぎな言葉、テテテテテテテテ

  • ねじまき鳥 さん
  • 2017年9月16日 23時37分
  • 閲覧数 1398
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

テレパシーを使える人をテレパスと呼ぶそうです。
そんなむちゃぶり設定があるので、安心してバカバカしいコメディとして楽しめるし、それでいて、
恋愛もの王道なシンデレラストーリーでもあり。
テレパスをスパイスとして、普通に好きな相手を思いやること、側にいたい気持ちと一緒に生活を
することとの折り合い、とか色々考えさせてくれます。

本作ではなんといっても綾瀬はるかの魅力が全開。
おきまりのボケキャラに新鮮味はありませんが、綾瀬はるかが演じると可愛くて似合うので飽きません。

いみじくもタイトル通り、高台家の人々にはインパクトあったなぁ。
斎藤工はもともとくどすぎて好きじゃないけど、うさんくさい爽やかさと、王子様キャラを突き進もうと
するほどなぜか失笑につながる絶妙なすべり具合がはまっていました。
水原希子は髪型が全くはまらず、大根演技で、何かと整えたダレノガレ明美、って感じで、見ていられないレベル。
弟も残念感満載。

だめ押しはシャーロットさん。
私、マッサンの知名度でここに呼ばれました、という看板をぶら下げてお遊戯演技をしている感が強く、全然入って来ません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ