ここから本文です

トレマーズ ブラッドライン (2015)

TREMORS 5: BLOODLINES

監督
ドン・マイケル・ポール
  • みたいムービー 1
  • みたログ 80

2.85 / 評価:53件

もっと追い詰められてほしかった

  • too many rains さん
  • 2016年4月22日 23時26分
  • 閲覧数 608
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

舞台をアフリカの大地に移しての第5作。

「アフリカの大地で、また異なった進化をとげたトレマーズ4形態」、つ―設定は悪くないんだけど、ストーリーの展開がのろのろでイマイチ。

いかんせん、ご本尊が登場するまでにおおよそ40分も待たされるのは、「昨今のマドンナのライブか!」と突っ込みを入れたくなるほどのじらしぶり。

その間に、マイケル・グロス御大のご丁寧な、「トレマーズ進化&形態論」のご説明があり、初めて見る方にも「無理なく4作までのおさらい」ができるという親切ぶりは良いのですが、いかんせん、状況説明や新相棒とのギクシャクぶりを引っ張り過ぎ。

また名作「1」にあった、「うぁーもう追い詰められて逃げ場がないよー」的な緊迫感が希薄で、さすが広大なアフリカの岩場ははっきり言って「逃げ放題状態。」

また、シリーズのお楽しみの一つ、グラボイズの撃退・殲滅武器も、「南アフリカの税関のチェックは厳しいのだ。だから調達したはずの武器は、現地には持ち込めまへんがな」の官僚的展開が興ざめです。

終盤にかけては、マイケル・グロスご本人が、灼熱の暑さのせいか、まさかのご乱心状態となり、この辺りからシナリオが「破れかぶれのぐたぐた状態」となっていってしまったのが残念です。

「初めてトレマーズ・シリーズを見ようかな?」という奇特な方は、やはり「1」→「4」→「2」の順あたりに留めておかれるのが良かろうかと思いました。

追記:

(1)吹き替えは結構よかったです。

(2)「1」はブレイク前のケヴィン・ベーコン主演という話題性を除いても、やはり傑作ですよ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • パニック
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ